スズガモバカンス

2019年01月17日

「多摩川河口」で冬鳥見中( ̄∀ ̄)


いつもは手前のヨシ原あたりからネタに進展が無く
土手の末端まで行っても、鳥の数がたいして増えないのだが

この日は最先端をスズガモさんたちが貸切っていた。


190117_2.jpg


裏手の運河側は角度的に見えないのだが
数百羽程度ですかね。500羽いなさそう(・_・)

1月中旬でこの程度ということは
ここから何千羽にはならなそうな気がする。

エサが無いのか、工事が嫌なのか、もっと良い場所があるのか

いなくなった数千羽のスズガモさんたちは
多摩川が嫌いになっちゃったのかね〜(;=3=)




という人間な勝手な不安をよそに。。。



190117_1.gif

今ここにいるスズガモさんたちは

バカンスを満喫中だ




日本には母国の北国から越冬に来てる。

つまりは

日本人が年末年始にハワイに行くのとほぼ一緒!( ̄∀ ̄)b

こんなにもどんよりとした冬空でも
彼らにとってはこの上ない南国リゾートに見えるのだろう。



波打ち際でくつろいでる子もいれば

190117_3.jpg

砂浜にいる子は


190117_4.jpg

肌でも焦がしてるのだろうか?w



潜水系の海カモは、なかなか陸に上がってくれないのだけど
(歩くのが他のカモたちより苦手)
波打ち際から離れた位置でも見ることが出来た。
寝てるうちに潮が引いたんだろうね( ̄m ̄)w


ここには他に警戒心の強いマガモさんたちが常駐している。
マガモさんたちにセ〇ム頼んでおけば
安心して寝てられるのかもしれない
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド

2019冬 多摩川河口

2019年01月15日

やはり今年はツグミたんを見かけませぬねー

190115_1.gif

ルシアンルーレットに失敗したのか・・・
暗殺されてしまったのか・・・



干潟にはタシギどん( ^ω^)

190115_2.gif

この日は全部で8羽。
潮の引いた干潟で苺ポッキーたち(セイタカシギ)と一緒に
お食事中。

年中この干潟で見られるシギはこの2種類かね?


その奥をちょこちょこ歩き回ってるのはイカルチドリ氏。
たぶん前からいるのだろうけど
自分はここで見るのは初めてである。全部で3羽。


他はヒドリガモもいたけど今年はアメヒくん見かけないからカモはパス。
しっかしなー、まったくどーして
昔は山のように沢山いたオナガガモ。今は数羽しか見なくなったなー
エサをあげる人が減ったからかね(-o-)??
ヒドリガモの方が逆に珍しかったのにー(10年前くらいの話)



干潟から「多摩川河口」に向けて進む。


ヨシ原では沢山のスズメたちに混ざって

190115_3.gif

オオジュリン氏やホオジロたんの姿。

珍しくカワユイポーズを何度も維持してくれてたのだが(*´v`)
残念ながらカメラのズームが届かないw
双眼鏡で目に焼き付けるだけ焼き付けといた。ああ。カワユイ・・・




沖にはいつものようにカンムリカイツブリたち。
先日の「宿河原堰」のように集まることも無く、点々と。別行動。
食事時間のため潜ってばかりで正確な数が分からない。十数羽かな?(「・_・)

その中に茶髪の違う髪型のヤツは、、、

今回探しに来たウミアイサちゃんだ。

やはり今年も来ていたね(^^)


それぞれ場所は離れていたが3羽。
これも昨年と同数。同じ子たちなのかね?



190115_4.gif


めーっちゃ遠いので写真は撮れーーず \( ̄∀ ̄|||)/
(300mくらい;)




今回はみんな遠い場所で目がしんどいわー;汗

とりあえず河口まで行ってみます。

次回へ
by Yokoman 22:21 | Comment (0) | フィールド

眩しい夜空

2019年01月12日

1月4日。

しぶんぎ座流星群。



しし座だか、ふたご座だか?の日は東京は天気が悪かったため、
流れ星は見えーず。


今回は晴れた夜空。久しぶりの流れ星日和!\(^○^)/







・・・の、はずだったのにー






なんだね?この夜空の明るさは?




190112_1.gif

ヘッドライトでも灯したように明るいでないかい?( ̄_ ̄|||)



どんどん乱立する多摩川沿いのマンション群の常夜灯に
新しく出来た家の裏のアパートの常夜灯が重なり
あれやこれやの明かりの影響をもろもろ合わせた結果、
以前にも増して家から見る夜空が明る過ぎる



190112_2.gif

時間も明け方近くと遅いこともあって
土手やベランダでの観察を早々に諦め、
部屋での観察となったが、
部屋から見るにしては条件が悪すぎた;汗

しかし、こればかりはどーすることも出来ない(;;)




オリオン座など1等星の星すらも見えない部屋の窓を
虚しげに布団の中から見つめる。。。



もう家から見るのはダメだな(;=_=)
今度からは早い時間に土手で見ることにしよう。

と、布団を深くかぶり直そうとした時、





190112_3.gif


マンションや車の明かりよりも大きな
眩しいほどの流れ星が小さな窓枠に降り注いだ!!





(@◇@; )

完全に諦めていたのに、
まさかこの悪条件下で見れるとはおもわんかった。



この条件で(観察始めてまだ7分くらい)見れたのだから
まだ大きいのが出るかもしれない!
 とおもったのだが、







190112_4.gif

先ほどの流れ星で感動し過ぎてしまい
涙でその後の観察は厳しかった
ww





涙腺弱くなったもんだな。


----

※関連記事(2014年の流れ星記事)
http://dotetuu.seesaa.net/article/410825143.html
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | そらもよう