介護の現場

2016年08月11日

朝、多摩川の土手をチャリっていたら
目の前にハクセキレイさんが現れた。

160813_1.gif

サイクリングロードの脇にたたずんでいる。
ヒッチハイクか?


自転車に乗っている人に対しては
土手にいる鳥たちのほとんどがビビらないが
このセキレイさんは、ちょっとビビらな過ぎじゃないか?
全然逃げないんだが。



よく見ると、セキレイさんは足をケガしていた。

160813_2.gif


セキレイさんというと、
せっかくある羽を一切使わずに

ツタツタツタツタツタツタツタツタツタツタ...
競歩で歩きまわる変な鳥だが


足をケガすると、そのご自慢のステップを披露できない。
それで逃げなかったわけだ。


そんなケガをしたセキレイさんの近くに
別のセキレイさんがうろうろしていた。

160813_3.gif

近くをうろうろしても怒ることはないところをみると
ご夫婦であろう。
ケガをしたのが旦那。おろおろしてるのが嫁。


春から夏にかけて、夫婦一緒にいることが多いセキレイさん。
子育てが終わっているのであれば
さっさと夫婦解消してしまうことも多いだろう。

このセキレイ夫婦はどうだろう?
相方の様子を心配そうに見つめている。

足をケガしても羽で移動や食事は可能だけど
動き回れないから一緒に歩いたりは出来ない。


そんなセキレイ夫婦の姿は同じ場所で3日間見られた。

その後いなくなってしまったけど
生活に困らない介護に良い場所は見つかったかな〜?( ・・)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | とり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: