かもめかもね

2016年12月09日

朝、朝日の中の土手をチャリっていると
ユリカモメたちが早朝散歩中。

161207_1.jpg

ただ歩いてるだけのやつもいれば
メシを拾い食いしてるやつもいるし
水たまりで朝シャンしてるやつもいるw
※河川敷にある砂場は水はけが悪く
雨上がりの数日間はプール化となる




そんなユリー氏たちを毎日のように見ていたら
ある日、朝シャンしてるユリー氏の中に
1羽だけ違う模様のがいることに気付いた(・o・)


161207_2.gif

ユリー氏より少しだけ大きい
茶色っぽい謎カモメ。

ユリー氏の若鳥ではないな。
ユリー氏の若鳥は成鳥とあんま変わらない。
普通にいっぱいいる。

若鳥でよく見かけるのはセグロカモメ先生。
(正直オオセグロの若鳥との見分け方知らんけど)

しかしセグロさんより小さな謎カモメ・・・





161207_3.gif

多摩川で多く見られるカモメは4種類

一番小さなユリー氏
ニャアニャアうるさいウミニャンコ
大きなセグロさん
色黒なオオセグロさん (「大」が付くがセグロさんと大きさ一緒)

これに

取り柄のないノーマルなカモメ氏
足黒いユリー氏モドキなズグロさん  
が続く


小さ目な大きさを考慮すると
ウミニャンコかノーマルカモメの若鳥か???

土手の上からだと細かい特徴が全然分からないな;汗




今度見かけたら写真か双眼鏡を!とおもて
通勤バックにつっこんでるんだけど
その日以来見かけてない;汗



・・・そんなもんやよね ┐('〜`;)┌
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | とり
この記事へのコメント
それは注目ですね
場合によっては大挙しているからウォーリーを探せ状態になってしまいそうです。今度よく観察しないと。
ところで六郷水門の下の方にフレンドリーな長元坊が一羽出現しますね。緑地の注意板とかマンションの角に止まっていたりします。ご存知かもしれませんが。
Posted by 皆空亭 at 2016年12月09日 08:48
> 皆空亭さん
 丸子橋から河口にかけて広範囲を移動してるので
 1度見かけた子を2回見るのは難しそう。
 多摩川にたまたま立ち寄っただけの子かもしれんし。

 チョウゲンボウさんは、ツグミやムクドリの警戒音で
 飛び立った感は感じ取れるのだけど
 なにぶん探すのがヘタなもので(+_+)
 六郷ではここ最近見つけられてないです。
 そうですかフレンドリーな子がいるのですね、
 見つけたら尾行してみようとおもいますw 情報ありがとです(^^)
Posted by Yokoman at 2016年12月09日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: