野鳥のハンデ

2017年03月22日

早朝の土手の上を仕事場へと走っていると

道路上にハクセキレイが飛び出した。



170324_1.gif

あり?

あれは、いつぞやのセキレイ君じゃないか?

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/440883192.html



ハトと違って、足のケガしてるセキレイは頻繁には見かけないし
場所もまったく同じ場所から同じセキレイっぽいな。

相変わらず足は痛そうだが
相変わらず献身的な彼女を連れていたw

7ヶ月ぶりに姿を見れてよかった(^^)



そういえば足のケガといえば
今年の「洗足池」で、こんな鳥に会った。





池の周りを歩いていた時のこと、
歩道脇で必死そうな顔でエサを食べる1羽のムック。
まわりに仲間の姿は見えない。

170324_2.gif

必死にエサを探し回るのだが、すぐに疲れて休憩。
よほどお腹が空いているのか
エサを探す・食べるのに夢中で人間が近くにいても気にしない。
ついには足元に来てもそれどころではない様子。



よく見ると、このムック。

歩き方がおかしい。


足でもケガするか折るかしてしまったのだろうか?
この池は釣り禁止だけど
釣り糸がからんで痛いのだろうか?

とおもって、足をよく見てみると、、、




170324_3.gif


爪が!

えんっっらいことになってるー;
(゚д゚;;;)




調べてみると、鳥の病気の一種の症状で
爪の過長」というのがあるらしいね。

爪とは別に嘴が伸び続けるという場合もあるらしい。
もちろんそちらも見た目がとんでもないことになるし
何よりエサが食べれない。
このムックも、
歩くのや木の枝に止まるのはさぞしんどいだろう(ーー;)


ペットの鳥であればそれらの症状は
薬や爪切りで抑えることが出来るが
野生の鳥が生きていくことはこの先難しそう、、、

人が多く、餌付けをする人も多い都市公園なのが唯一の救いか?
カラスも多いのが心配。


多摩川の足の悪いセキレイくん同様に
翼のみで何とかがんばって生き延びて欲しいものです(・・;)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | とり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: