蛙の子は土に還る

2017年04月14日

「宝来公園」で
梅雨になったら親カエル探しをすんぞ!(゚∀゚)宣言から半月。

別に待ちきれなくなったわけじゃないが
道すがら公園に寄り道した。
ヤマアカガエルのオタマたちに足は生えただろうか?



たった半月だが
下の池のマガモチェックも怠らないw

170415_3.gif

残るマガモはペアの2羽となった。

まわりがいなくなって2羽だけになる時間を待っていたのか
はたまたどちらか1羽の調子が悪いのか
同じ池にいるカルガモたちからの冷やかな目線にもおかまいなく
2羽イチャイチャと旅の終わりを楽しんでいた。
なんならここで子育てしてくれると嬉しいぞ(-∀-)☆



満開のタチツボスミレキランソウの花を見ながら
カエル池に移動する。
途中クサイチゴの花にモンシロチョウさんを見つけた。

170415_5.jpg

なーんか、ちょっと不自然なような???
春のモンシロさんの翅ってこんなんだったけ?
あんまりよく見たことないから分からんけど?

違和感だったのは、
裏側の翅が無かったから。
片側の翅だけで花に飛んでくるのは無理だろうから
誰かが花の上に乗せてくれたのかな?




モンシロさんの今後を祈りつつ
隣のカエル池へ目を移す。


ん?













170415_4.gif


水なくね?!






以前も水が無くなったことがあったけど
どうやらこの時期、
冬に稼働していなかった噴水をONにする為に
事前に溜まっていた雨水や落ち葉を掃除するっぽい??


もちろんオタマは
半月やそこらでカエルになれるほどの大きさではなかった。
(卵からカエルまで2ヶ月ちょい。あと1ヶ月は必要)


( ̄_ ̄|||) なんたることか・・・・


170415_2.jpg

疑惑の穴。





もしかしたら、この公園で親ガエルの姿を見ないのは
天敵うんぬんも含めても
カエルの数が極端に少ないのかもしれない。

170415_1.gif

毎年毎年、卵は産まれるけど
そのオタマがカエルになっていない可能性が。


下の池にも少数の卵があるらしいので
若ガエルがゼロではないとおもうが
卵塊数の多いカエル池では最後まで育っていないのかも;( ̄∀ ̄|||)


・・・。


毎度言っていることですが
よいですよ。別に。移入種がどうなろうと。

ただ、

オタマたちが排水溝に吸い込まれる姿は見たくないね(;;)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: