青梅の多摩川

2017年07月05日

前回からの続き

青梅「吹上しょうぶ園」でハナショウブ観賞。
オマケ?の生き物たちを期待するも不発。
せっかくの大自然。
それっぽいところに移動します。


「吹上しょうぶ園」を出て、どこへ行こうか考える。
とりあえず歩いて「東青梅駅」に行くことにする。
15分くらいですかね。


駅方面へは住宅街の為、たいして期待していなかったが
途中の川(霞川)の水がキレイだったので足を止めた。

170702_2.gif

コンクリート護岸だけど
流れてる水はとてもキレイで(区部の川と比較して)
沢山の魚が泳いでいた。
ハヤとかかな? なかなか良いサイズだw



「東青梅駅」に到着。
人気のカレーうどんを食べながら午後の作戦会議。


[プランA]ここから青梅線で上流の「御岳渓谷」へ行く
=電車の本数がクソ少なくて断念。

[プランB]隣の青梅駅の裏山を散策
=坂道がクソきついらしいw

[プランC]すぐ隣の多摩川を散策
決定!!\(゚∀゚ )ノ


170702_1.gif

先ほどの山側から駅を挟んで反対側の
「多摩川」へと向かう。所要時間は10分くらい。


前回、青梅に来たときに時間が無くて行けなかった「多摩川」
この辺りの雰囲気はどんなカンジなのだろう?
土手はあるのか?w







170704_1.jpg

じゃじゃーーーーん(゚∀゚)



ちょっと下流の「羽村」よりは自然が濃くなったな!
上流に来ました!!って雰囲気が
この辺りからじわりじわりと出てるのだろうか。


橋の上からは「羽村」同様にカジカガエルさんの声が聞こえる。
数は多くないようでたま〜に。
鳴く条件がよくないだけで沢山いそうな環境におもえる。

橋を渡って「釜の淵公園」から川岸に降りてみる。

170704_2.jpg

河原には数人の釣り人。アユっぽいおじさんと
フライやってるヤマメっぽいおにいさん数人。

いいなー。渓流釣り。
川底の石をひっくり返すと
ちょうどよいサイズの川虫が沢山隠れていた。
いいなー。渓流釣り、、、(遊漁券はコンビニで売ってるらしい


さすがに道具も無いし遊漁券買うお金も無いのでw
川岸で小魚たちを追っかけまわして遊ぶww

オイカワかな?ハヤの子供みたいなのが
何千単位でスーパー魚群を形成してるな。
残念ながら今日は防水カメラを持ってきていない; くそー
水も綺麗だから撮影したらさぞ良いVが撮れそうなのに・・・
次回は絶対持って来よう!(;@□@)


水面を鳴きながら飛ぶのはセグロセキレイたん。
やはり上流部の定番はセグロたんだな。

そのセグロたんを圧倒的速度で追い抜くのはカワセミたん。
林の中へ何度も入っていくところをみると子育て中かな。
せっかくの上流部。
ヤマセミたんとかは住んでないのかな?


水辺で給水中なのはアゲハの仲間。
ナミアゲハ氏とアオスジアゲハ氏。
高尾のリベンジ、まさかのミヤマカラス・・・とはならず。

さっきから高望みし過ぎだな(^_^;)




砂利のワンドに、すばやい動きで何かが隠れる。

ヨシノボリ? んーー 早くて全然分からない。
かなり遠い位置からですぐに逃げてしまい
大きさも形もサッパリ分からない。

しかたないので、出てくるのを気長に待っていると



170704_3.jpg

オタマたちが隙間から
おどおどしながら出てきたw

やたらと警戒心が強いこのオタマ。
サイズはアカガエルのオタマくらいだけど
背中に少し模様があって、顔もちょっと違うな。

場所的に考えて、カジカガエルさんかな。
ほかに渓流に住むカエルっておらんやろ?


まだ親の姿を野生では見たことないカジカガエルさんだけど
先にオタマを見ることが出来てよかったです(-v-*
ビビリ砂利オタマと覚えておこう。




家に帰ってきて


オタマ好きの母・チヨリンに
カジカガエルのオタマの写真を自慢すると、、、


(;`□´)「なんで持って帰らなかったの!!?」


と、怒られた;汗



だって、ね、ほら、、、
カジカガエルって清流のカエルだからね
飼うのすげー難しいんだよ。暑いのダメだし。
そして、おそらくたぶん、サンショウウオの時の流れからして

私が世話するハメになるんだろ?


したがって、持って帰りませんよ。絶対に(=_=;)

清流のカエルは清流にいてこそなんぼです。
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: