平瀬川コンプ

2017年12月27日

前々回からのつづき

川崎市を流れる「平瀬川」をコンプするべく
源流までやってくる。
源流のひとつである「菅生緑地」の自然に
感動してついつい長居していまい気が付くと夕暮れw
日が沈む前に「多摩川」に到着したいな。

-----

「菅生緑地」から少し下って「平瀬川」開渠スタート地点へ。

171224_4.jpg

ここかな?
地図だと水辺はここからだけど
この手前にもあったら分からん。推定スタート地点


しばらく細い川が続くが、だんだんと川岸に木が増えてくる。
雑木林風に植林したっぽいな。街路樹のようではあるけど
クヌギ?とかが並んで良い風情(^^)

この辺り(蔵敷)近辺は市民ボランティアさんが
がんばっているようで上記の木々や多種多様な桜、
植え込みが手入れされていてすごく雰囲気がイイネ。

171224_5.jpg

冬なので分かり難いけど
ここの桜は地域で一番キレイですぞ!(゚∀゚)
※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/394999302.html


さて、ここから先はすでに来たことある場所だな。
案外「平瀬川」もすでに90%ぐらいは達成済だったんだなww

171224_1.gif

「生田緑地」の裏あたりまでは
川岸に降りられる場所が数か所ある。

都市部のコンクリート護岸の川は水量が少なくても
下に降りて水辺で遊べるような場所は稀だけど
神奈川県には水辺に降りられる川が多くあって嬉しい(^∀^)
やっぱ水辺で水と触れ合わないと上から見ただけじゃ
分からんことっていっぱいあるからな。

ただし安全管理は自己責任で。それも勉強のうち。


スイスイ降りて行って「東高根森林公園」付近。

171224_6.jpg

橋の下から流れてきているのが公園からの水かな?
この水の匂いに釣られてなのか、カワセミ先生も頻繁に
公園とこの川を往来している。そういえば、今日はまだ見てないな。

・・・てか、

鳥が少ない!!(メ`△´)ノ

そもそもこの川散策は生き物探しがメインのはずなのに
ただの河川マニアみたいな流れになってるw
(ーー;)なんでこんなに今日は鳥がいないのさ;
カワセミ先生どころかセキレイ1羽すら見つからない。
カモもカルガモすらいないって・・・どーいうこと?


しばらくすると、数羽のコガモちゃんを発見。
いつもコガモが数十羽群れているポイントではあるが
3羽ほどしかいない。(ーー;)うーん、、、

代わりにいたのがコサギたち。無駄に多いコサギたちw

171224_7.jpg

20羽以上いたけど何をやっているのかは分からず;

小魚を狙っているのかとおもったけど、魚はいないっぽい。
ただ、急にザワつき集まったり離れたりを繰り返していた。
グループ創作ダンスの練習か?


コサギたちを過ぎると「平瀬川」はトンネルの中へ

171224_8.jpg

駅名にもなってる「津田山」の山をくぐり抜ける。
ん?今おもったけど
川がトンネルくぐるってあんまり無いね(@∀@;)
これは昔、この辺りで流れを人工的に変えた為みたいだ。
ま、そうじゃないとありえんわな(-v-;)


ここでやっとカワセミ先生。

171224_2.gif

トンネルの方へ突っ込んでいったけど
別にくぐって反対側に行くわけじゃないよね?
先が全然暗くて見えないし・・・


171224_9.jpg

トンネルの先には「久地円筒分水」。
いにしえの、水を均等に分ける画期的な農業しすてむ。らしい。

ここで定番のカルガモさんたちに遭遇。
今日はカルガモさんといえどありがたみ大きい日だなw



だんだん川幅も水量も増えて来て、
だんだん近くに見えてきた「二子玉川」のビル群。

そしてようやく!、、、

171224_10.jpg

「多摩川」に到着だ!\(゚∀゚ )ノ
日が沈んでないぞ。ひゃっほーい☆

「平瀬川」たんはシャイだから、すぐに合流しないで、
この先「兵庫島」付近で合流してるw


季節的な問題なのか、生き物が少ない散策ではあったが
これで「平瀬川」はコンプリート!(*´∀`)

すべて走って見えてきたことは、
下から上まで水がキレイで
草は少ないけど岩場が多く、
水辺の小鳥が好きな環境が揃ってそうだなとおもった。



近々、同じ源流を持つもうひとつの川にお邪魔致します。
2本の川の比較もおもしろいかもしれんね(・∀・)

-----

2017びっくり昆虫ブログトーナメント

今年もブログ村で
昆虫に関する記事のトーナメントを開催(^^)
おもしろいとおもった記事に投票してね。
現在、全7サイトでバトル中!!
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: