汽水アイサ

2017年12月29日

多摩川河口までチャリ散策。。。

今後数年で大きく変わる予定のある多摩川河口。
今のうちに馴染みの景色を目に焼き付けておこう。


と、おもったのに



171226_4.jpg

すでに結構変わってるな


某車屋さんの跡地。
数年前から研究施設がポコポコ立ちだしてる。
京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区
キングスカイフロント
とかいうSFアニメに出てきそうな名前が付いてるw


171226_1.gif

この研究施設大集合の塊みたいなのが
利便性を上げるために「羽田空港」と橋でつなげるそうで(=_=)
自然保護団体の声を聞いてんだか聞いてないんだかの結果、
橋脚2本まで・上空ケーブル無し構造でまとまったらしい。
D滑走路よりは影響は少なそうには見えるけど
橋の影になる部分の干潟環境と、冬に群れるカモに影響がありそう。

橋は東京側から工事が進んでいるのかな?

171226_5.jpg

赤い海岸線に見えるのは以前行った
新・赤レンガ防波堤。

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/453840827.html


橋の完成は2020年だそうだ。



双眼鏡で対岸の様子を見つつ、
水面のカモを探していると
ポツポツいるのはスズガモさんの群れ。

昨年の11月
には4000羽ほどいたスズガモさんだが

10羽ほどしかいない(;´_`) あれ?

のちに近くの何個かの群れと合流して
それでも30羽ほど。
ケタが2ケタも違うけど大丈夫か???(ーー;)
まだ問題の橋は出来てすらいないんだけど(汗;
工事が嫌なのかな〜? それとも激減してるゴハンの影響か?


10羽ほどのスズガモさんを見ていると
なぜかその前後をカンムリカイツブリ氏が引率してるw

171226_2.gif

スズガモさんの群れはみんなが守りたい存在ということかw


さらによく見ると、スズガモさんの中に
何か別のヒトが混ざっていることに気付いた。


171226_6.jpg

えーとこれは・・・アイサ・・・何?アイサだ??


171226_3.gif

海にいればウミアイサ
川にいればカワアイサ


しかし鵜がいい例で、カワウは海も川も両方いる。
おまけにここは汽水域。海でも川でもないような場所。
"キスイアイサ"・・・というのは鳥はいないぞw

これがオスだったら特徴が分かりやすいんだけどね。
メスで、さらに遠いと特徴も見えづらく分かり難いな〜(ーー;)

くちばしの形からウミアイサちゃんみたいだな。
どちらのアイサであっても多摩川では自分は初見である。

ウミアイサちゃんは全部で3羽。
滞在していたのは一瞬だったみたいで
十数分後の帰り道には3羽ともいなくなっていた。
(潜水時間も考慮して待ってみたが見つからず)



171226_7.jpg

変わりゆく多摩川河口。
もしかしたら散策路も無くなる?と心配になり
最先端部も写真に納めといた。
2年後にはここに橋が現れるんだね。

1000羽単位のスズガモさんたちの群れが
昨年で最後だったことにならないよう祈っておこう(-人-)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: