早渕川 後編

2018年01月12日

前々回からのあらすじ

「早渕川」をコンプするため
横浜の田園地帯をさまよい中。
新旧の風景が混雑するニュータウン。
都会の誘惑に負けたらダメだぞー(ラーメンたらふく食べて出発w

-----

川は再び田畑の中を流れ出す。

川岸には草むらも豊富で小鳥の姿も多い。
川の中はオオバンさんが増えてきたな。
カモの姿からほぼオオバンさんに差し替えw


横浜市・港北区に入ると田畑は消えてきて完全に住宅地に。
この辺りからは緑が残る川岸だけが
生き物にとって残されたオアシスになってくるな。


180108_13.jpg

街路樹のコレなんだっけ?
ヒメリンゴだっけか?
鳥が突いてないから、その程度の味ってことだなw


180108_2.gif

川の水が塩水が入る汽水域になったのか
泥地にはボコボコと大きな穴が目立ってきた。
クロベンケイガニとか?カニの巣かな?
「矢上川」の時も同じカンジだった。

※関連記事「矢上川」
http://dotetuu.seesaa.net/article/382550988.html

冬だと家主不在(居留守?)だから分からない。
夏に通った時にでも確認してみよう(・o・)


ここで4羽だけだがオカヨシガモさんを見かける。
オカヨシさんがいるのならばヨシガモさんも今後狙えそうだな。


だらだらオオバンさんだらけを見ているうちに
ゴールの「鶴見川」にアッサリと到着してしまった。

180108_14.jpg

後半単調で景色が変わり映えしなかったかな〜
川もカーブや段差や深さなどバリエーションあった方が
コンクリ護岸でも生き物の見れる数が変わってくる
からね。
期待してたカワセミさんが見れなかったのがちょっと残念。
前記の「平瀬川」より水質の関係なのか
水の透明度が低かったのが原因かもしれない。


今回、30k以上走ってヘトヘトだったので
そのまますぐに帰路に向かっちゃったけど
写真の「鶴見川」との合流点は特に自然が濃くて
自然探索にはおもしろいとおもう(・▽・)



うーんと、これで、大体は
多摩川下流域近辺の川はコンプしたか?

「鶴見川」支流は沢山細かいのがあるんですが
あんまり追ってくとメインの多摩川から離れ過ぎちゃうからな;
すでに今回の「早渕川」の時点で離れてるw

やはり次回は多摩川か。
中途半端で終わってる「仙川」を完全コンプ、または
ついに三鷹・国分寺市に投入「野川」とかですかね?
すこぶるしんどそうだな・・・(;´д`)

支流はチャリで行ける範囲で。
それより上は電車でかな。

あくまで暗渠やら地形には興味ないので
生き物が見られる環境までがゴール。

最終的には
奥多摩でカモシカに逢うの巻ですかね?
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: