冬のビーチへGO

2018年02月02日

今期はまだ運河まわりの鳥を見に行ってなかったなー

ひさんびさんに
「城南島海浜公園」方面に行ってみることにした(゚∀゚)

前回行ったのは通院中の時だから2016年。2年ぶりか。
※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/432090506.html




行きの道は「大森ふるさとの浜辺公園」に立ち寄る。

浜辺や内側河口まわりにはチラホラとカモの姿。
ホシハジロさんやキンクロハジロくんが多い。
ここのカモは毎日のように人間を目にしていて
時は橋の上からなどエサをもらっているわりに
全然懐いてないな。 自ら寄ってきてまでおねだりはしない。
海側のカモは内陸のカモより野性味が強いのか。ふーん。


ふる浜を後にして、「東京港野鳥公園」の脇を抜けて
「城南島海浜公園」に到着。

180201_4.jpg

家から1時間かからずしてビーチがあるって良いよね!(大田区民自慢w

さすがに潮干狩りの季節でもなく
海遊びする時期でもない冬は人がおらんよね。
・・・とおもったら、キャンプ場に人影が見える。
昨今のキャンプブームでバーベキューする若者多いのだってね。
1人キャンプも何人かおった。(*´ω`)いいなーオラもやりてー


180201_5.jpg

釣りが出来る東京港側には釣り人が10人以上いた。
目の前には東京タワーやスカイツリー。
ここはたしかクロダイが有名だったかな?
今の時期は何を釣ってるんだろうね?
東京湾といっても水が透き通っていて海底までよく見える。

水中カメラの試し撮りに狙っているポイントのひとつだ。



で、肝心の鳥さんのほうですがね〜

180201_1.gif

あまりおらんとです;

オオバンさんとスズガモ氏が10羽づつ程度。


180201_2.gif

カンムリカイツブリさんが2〜3羽。
ハジロカイツブリちゃんは釣り人を見慣れてるせいなのか
近くで観察できたのがよかったです(^^)
小ボラのナブラに飛び込んでましたが
ハジロちゃんには獲物が少し大きいような??


180201_6.jpg

浜辺ではアサリの貝殻が目立つのだけど
気になるのは、ほとんどが2枚くっついたままだということ。

海の中で死んだのではなくて
浜に打ち上げられてからという意味なのか?
だとすると考えられるのは台風の影響か・・・


ただでさえアサリが少ない浜だからね。
今年の潮干狩りはさらに難易度が上がるのでは?

180201_7.jpg

ミドリイガイが意外にも沢山あったw(言いたいだけ
なんかに加工できればと数個お持ち帰り。


ぬう〜ん(ーー;)
あまり成果上がらなかったな〜
素直に野鳥公園行ってろ!って話か??

180201_3.gif

帰り道、市場方面へと抜けていったんだけど
途中の運河が工事していた。
野鳥公園の横に運河があって橋があったはずなのに
橋が無くなって平坦な道路になっとる...

古い地図を見ると「城南野鳥橋」ってのがあるね。
上のイラストで点線のところ。
「汐入の池」って干潟もあったけど無くなったのかな?
工事で重機が入って分かりにくくなってるだけ?(=_=;)
工事情報だけだと全体の経緯がよくわらない・・・


180201_8.jpg

行き止まりの運河の出口で100羽ほどスズガモさんたち。
運河内が落ち着くまでここで待機中ですかね?
滞在期間中は無理だとおもうぞ(・v・;)


今期の多摩川・南側の運河近辺は
小さな群れがバラバラに点在するスズガモさんたち。
やっぱり数千羽の群れは葛西の群れと合流なのかな。
あちらはよくもまぁ数万羽のカモを養えるエサがあるよな〜
多摩川も見習いたい環境(;-∀-)
by Yokoman 13:53 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: