寒風の鶴見川

2018年02月07日

雪降って、寒波来て、
北風がアホみたいに吹いて

とにかくクソ寒い!(゚□゚ )

でも、夏に比べたら
自分的には最高のサイクリング日和。
暑くない。湿度低い。ゲリラ来ない。サイコー(*´ω`)


ということで、今日は「横浜・港北」方面へチャリでお買い物。
ついでだから「鶴見川」も散策しとこ。

行きは北風を避けて幹線道路沿いを
「三ッ池」「大倉山」「新横浜」「小机」を経由して
「港北インター」周辺でお買い物。
やっぱりこれだけ走っても(20km)新チャリは全然疲れないな。
スピードはノロノロ運転だから到着時間は一緒だけどw


帰りは「鶴見川」の土手を進んでいく。
まずは「新横浜公園」

180205_3.jpg

相変わらずここはオオバンさんまみれだな。
多摩川にもオオバンは群れて行動してるけど
ここのオオバンの群れはギュっと密度が詰まってる気がする。
猛禽が多いから捕食者対策かな?(・・)

180205_4.jpg

オオバンさんを飽きずにずっと見ていると

180205_5.jpg

たまにバンさんだから気を付けろ。

子弟関係なのか?
オオバンのあとを必死にくっついて歩くバンさん。
いつかは自分の嘴も白くなってくるとおもっているのか?



オオバンさんの次に数が多いのがオカヨシガモ氏かな?
ハシビロガモ氏もまぁまぁ多いな。

180205_2.gif

ハシビロガモ氏の配色って三毛猫みたいだよな


「新横浜公園」には
昨年からの珍客にカメラマンたちが群れてるけど
当の本人は

180205_1.gif

白目でお昼寝

『シロメガモ』って名前でもよくないか?
元の名前と比較しても大して問題ないやろ(^^;)

もう1羽のお客様は布団に潜り込んでるのか姿が見えず。
カモたちでも寒がってる日に出掛けまわる自分って一体・・・w



「新横浜公園」を後にして「鶴見川」をさらに下って行く。

川の中にはディスプレイをするコガモたんの姿。
草むらを飛び回るのはアオジさんやカワラヒワさん。たまにモズ先生。

さらに下流には河川敷へ上がってくる
オオバンさん、カルガモさん、ヒドリガモ氏。
多摩川のヒドリガモは近年はよく河川敷にやってきてるけど
鶴見川でも上がってくるのだね。
元々河川敷にエサを食べに来ていたカルガモが
ずーーーーーと羨ましかったのかも。
黄色信号。みんなで上がれば怖くない


さらに広い河川敷ではツグミ氏が縄張り巡回中。ご苦労様です(-o-)

180205_6.jpg

今年ツグミ氏はちょっと数が少なく感じるんだよね。
2割減くらい。
姿を見る機会も声を聞く機会も少ない気がする。
ん?気のせいか?

そんなツグミ氏の奥を歩くのは
ハクセキレイ・・・とおもわせといての

180205_7.jpg

イカルチドリ氏?

河原や干潟で見ることが多いのに
ヒドリさん同様にたまには河川敷にやってくるんだね。

(==;)なんかシギチの仲間が河川敷に上がっていると
違和感がハンパないんだよな。
鳥を普段見ない人はなんのことやらわからんですな。

※河川敷のシギチ関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/375686699.html




冬の「鶴見川」の鳥見はさらに特別枠につづく、、、
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: