刈るべからず

2018年06月18日

昼過ぎ、買い物に行くついでに多摩川の土手へ。


渡り鳥の数も減って、これからはオオヨシキリさんの季節かな?

巣立ちしたばかりのムクドリ親子やツバメ親子が沢山飛んどる。
聞き慣れない声で騒がしいのはカワラヒワちゃんの子供かな?
カワラヒワって何処に巣を作るんだろ??


潮が引いた川岸でイトトンボを探す。
以前は仕事場を抜け出して探しに来ていたけど、(良い大人はダメですw
まったく出なくなってからは、ここにも来なくなったな。
以前は1シーズンに5回くらいは来てたのに。


180620_1.gif

ちんたらしてたら草丈が伸びすぎた


どんどん河川敷側に侵食してるオギどうにかならんのかね?
在来種とはいえ、お腹いっぱい(;=_=)

都市河川の川岸は見通しがよくないと、ちょいと物騒だし
他の植物が生えにくいから、軽く刈込みたい。
河川管理の管轄が違うのか川岸は草刈りしてくれないのだよね; 謎やわ




藪漕ぎしていると、今年も沢山出てくるヒヌマイトトンボくんたち。
ちょうどピークかな? わんさかおるね。


んー??



180620_4.jpg


イチャつくヒヌマくん発見!!



ヒヌマくんの写真は2005年から撮っているけど
未だに見たことなかった連結してる姿。

難易度が高い訳ではないのに、
いつも見に来るのが午後からだったから見れなかったらしい。
今日はたまたま午後に物好きがいたようだw




180620_3.jpg

同じく珍しくも5年ぶりに見れたアオモンイトトンボくん。

10年くらい前はヒヌマくんよりもアオモンくんの数が多くて
ヒヌマくんはアオモンくんのエサにされてたのにw
いつの間にか『ヒヌマ天国』になった。

ネットで調べてみると、同じ汽水域に住む両者でも
草丈ボーボーなアシ原が好きなヒヌマくん
開けた水場のある草むらが好きなアオモンくん
好みが異なるみたいだ。


そうか! オギが茂りまくったおかげで
『ヒヌマ天国』が生まれたのか。


刈込みたいなんて言ってゴメンww
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: