秋の虫と戯れる

2018年10月24日

ひさしぶりぶりぶりに晴れた。

181025_5.gif


9月中は雨が今にも降りそうな日が続いて
遠くへ行けなかったが
今回は久し振りに「東高根森林公園」に行ってみることにしよう。

怠けてたから片道20キロのチャリはキツそうだ;

-----

少し時間が掛かったが無事到着。


メインはキノコを撮りたいところだが
キノコはすぐには逃げないだろうから
時間帯が早いうちに虫たちを探しにかかる(^∀^)o


園内入ってすぐのところにいたのは

181025_1.jpg

キバラっち親子?


う〜ん???
オシャレ模様がよく似てるけどなんか違うな?
見慣れぬ顔イコール南の国の香りがする・・・

正体はやはり
ミナミトゲヘリカメムシ君 という南方系の種類のようだ。
近年に入り増えてるらしい(-∀-) 以後お見知りおきを。



秋の季節なら、まずはカマキリ!とおもって
園内のあちこちを探すのだが、なかなか見つからない。
いつも踏むほど歩いてるのにな〜・・・
遠足の子供が多いから先に見つけられてるのかも。


やっと見つけたハラビロカマキリ君は
褐色型!

181025_3.jpg

激渋い!!


前から撮ると分からんけどねw


ハラビロ君は、圧倒的に緑色の子が多いらしく
褐色(紫色)の子はかなりの少数派らしい。
全然気にしたことなかったな〜
新鮮味があるような無いような・・・茶色だけにw



続いて本日探したい生き物は、ミドリヒョウモン君だったのだが
こちらはフジバカマの花が不発だったため姿が見れなかった。

入口のキバナコスモスの花壇では
ナミアゲハ君やヒメアカタテハちゃんがいたんだけど
園内全体では蝶の数は少なかったなー。

181025_2.jpg

翅のキレイなツバメシジミちゃん。

あとはウラギンシジミ君も飛んでたかな。
ちっとも止まってくれなかった。(;´3`)ブーブー



自分から10m先。ブ〜ンと大きな虫が草に止まったのが見えた。
急いで駆け寄ると

181025_4.jpg

オサレな先生。

背中側が水玉の服だと思っていたら
お腹側も水玉なのだね。オサレに気合を感じたw




草むらから虫の音が聞こえる。
先日の多摩川バッタ散策では聞こえなかったメロディー。

目を凝らして見えてきたのは

181025_6.gif


ササキリ君だ。


※音声注意

大音量で音を出している時点で分かってはいるが
隠れることは二の次だよね〜( ̄∀ ̄)
隠れつつアピールするって矛盾しとるもんねw



虫たちに沢山遊んでもらえたところで、
園内のジメジメした場所へと移動ε=ε=(゚∀ )/


次回、KNWTT会の活動報告
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: