鶴見川のふるさと

2018年11月24日

前回からのあらすじ

「鶴見川」の源流、町田市にやってくる。
レンタサイクルは相模原市で借りたのに
隣の市をメインに遊んでなんかスンマセンw

-----

鶴見川の源流である「鶴見川源流の泉」を目的に来たものの
泉のまわりは整備中で休憩スペースは設けられて無かった。

付近をノープランでチャリってみる(・・)迷子にならん程度にw


181125_1.jpg

泉がある谷戸奥から下ると
川幅が徐々に広くなってくる。

181125_2.jpg

まだしばらくは水がピカピカでキレイそうだ(*´ω`)
この後いくつもの支流と合わさるうちに
残念ながら淀んでいってしまうわけですが、、、

181125_3.jpg

キレイな水のクレソンはデカデカ育つww

(降りれたら食いたかったw)


秋ということもあり、民家の庭先には柿の木が多く見かける。
このあたりの柿は 禅寺丸柿 という日本最古の品種が有名らしく
今日のお土産にしようと考えていたのだが

181124_2.gif

多くある庭先の無人販売の柿は
名札に「」「甘〜い柿」としかなく、
品種が分からなかったので買えなかった(>o<;)
小ぶりの柿なのだがソレっぽいのは置いてなかったなー


柿の木を見ながらしばらく進むと小高い丘が見えて来た。
バス停にあった地図を見ながら進むと・・・

181125_4.jpg

「小山田緑地」
に着いた。
帰りの山越えの時間もあるから、ここをゴールとしよう(゚∀゚)


かなり広くて虫撮りさんたちにはメジャーな公園なのだが
最寄駅は無く、本数の少ないバスしかない。
今回のようにたまたまじゃないと来れないなー(-3-)


181125_5.jpg

虫の季節には遅いため、あまり短時間では見れなかったが
それでも

コノシメトンボ
マユタテアカネ
クルマバッタモドキ
キタテハ
ツマグロヒョウモン
テングチョウ
イチモンジセセリ
チャバネセセリ
ウラナミシジミ


などすぐに見つけることが出来たから
虫たちの密度は相当濃い場所なのだろう(・3・)

181125_6.jpg



目的を果たして、綺麗な風景いっぱい見て、虫たちのお土産も頂けて
大満足して帰ることが出来そうだ( ̄∀ ̄*)


-----

この後、想定をはるかに超える
行き以上の地獄の坂が待っており、
チャリの返却時間を大幅にオーバーして帰路についた。
そして慣れない相棒で全身激しい筋肉痛になるのであったw
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | ひとりごと
この記事へのコメント
>最寄駅は無く、本数の少ないバスしかない。

唐木田駅があるじゃないですか。
徒歩10分くらいで山中分園に着くので、そのまま大久保分園、梅木窪分園、本園と歩けば…。

※本園に辿り着くまでに30〜40分かかるけど。
Posted by Garuda at 2018年11月24日 23:16
> Garudaさん
 中山の四季の森、十日市場の新治の森でヘロヘロなのに
 唐木田駅は私的に最寄ではないでー(;T∀T)
 アップアダウンが激しい公園は
 なおのこと余力の配分を考えないと。
 チャリ移動は苦で無いから
 レンタサイクル可能な駅が増えてくれればな〜
Posted by Yokoman at 2018年11月25日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: