鵜木鵜木ワクワク

2018年12月18日

「鶴見川」をチャリっていると
カワウのたちの姿をよく見かけた( ・o・)


地元「多摩川」の下流にもカワウ君は多くいるけれど
見かける姿といえば

・川で漁してる
・堰で魚を待ってる
・中州で羽根干してる
・電線で寝とる


181218_3.jpg


これら多くのカワウ君が普段寝泊まりしてる場所が
どこかにあるはずなのだが、よく分からない。

大田区の地名に「鵜の木」というのがあり
カワウのコロニーが由来のものだけど(同地名が全国に点在)
現在「鵜の木」には近くの寺に小さな池が残るのみ。

近年になって川崎「等々力緑地」内の小コロニーが復活傾向だけど
それでも川に暮らす数百のカワウたちが寝てるようには見えない。
もっと上流から来ているのかね???(;@〜@)



それに比べて「鶴見川」のカワウ君たちは
川岸に多くの木々があるため、木の上にいる姿を多く見るのだ。

181218_2.jpg

コロニーについては定点で見てないから分からないけど
常時止まり木にしてる木は多くあるみたいだ(・ω・)ふむふむ



あまりカワウ君に注目して見ることは普段無いのだが
あちこちに目につくものだから
ちょっと双眼鏡で様子を見てみることに(  ̄∀ ̄)、、どれどれ


カワウ君というと ド真っ黒い 印象だったのが
たまに腹が白いやつがいる。
まだらだったり真っ白だったり・・・

普段「多摩川」で見るのは泳いでる姿が一番多く
お腹を見る機会が無かったのだが、

腹が白いのは子供のようだ。
白ければ白いほど幼いってことなのかな?

181218_1.gif

首の長いペンギン



本来は木に止まることが多いカワウ君だが
その足は大きな水かきがあるせいで
木に止まるには適してないとおもわれる。

と、言うのも、
風にあおられて、どいつもこいつも

足を滑らせてばかり

ゴム長靴で平気台に乗るようなもの。
もうちょっとどうにかならんのかね?



各地で嫌われ者のカワウ君だけど
案外おちゃめな姿を知ることが出来た( ̄m ̄*)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | とり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: