大は小を兼ねる

2018年12月24日

多摩川の中州。

ダイサギたちが群れちょる。


181224_4.jpg


下流域では群れることは稀だけども
中流より上では時々謎の結束を見せとるねw


全体で40羽近く。

川岸に集合してるのは魚を捕るためだろう。

その川岸からちょっと離れて草むらにいるグループは


181224_1.gif

狩りの上手な先輩たち

先にお腹いっぱいになって日向ぼっこする余裕のある勝ち組




一方、魚がなかなか捕れない下っ端は
腕の悪さを他の仲間のせいにして小競り合い。


181224_2.gif

その横を何食わぬ顔のコサギさん


ダイサギさんは同じ大きさのアオサギには怒ることあるけど
小さなコサギさんを厄介払いする姿はあまり見ないな。
小さな子には優しいのか?



しばらくそんなダイサギたちを見ていたら
彼らが時々ヘンな動きをすることに気付いた。




181224_3.gif


クチバシとクチバシを空へ向けて背を伸ばす行動。



あ。UFO呼んでるのか。




と、おもって納得したのだが( ̄∀ ̄)
本当のところはどうなんだろう?


『顔を真っ青にして飾り羽をピラピラさせる』
求愛行動とは異なるのだから
優劣を決める平和的な争いかね?

仮に背が高い方が有利なルールであるならば
ダイサギが「小サギ」や「中サギ」で納得せず
「大サギ」となった理由も分かるな( @∀@)o
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | ひとりごと
この記事へのコメント
23日に野鳥観察会がありまして
ここでダイサギ見てました。
普段見慣れたコサギに比べると
やっぱり大きくて見栄えしますね。
で、この場所の近くでオオタカを
観察出来ましたよ。
カラス達が騒いでいたので、カラスに
場所を教えてもらったようなもんです。
どうやら番が住んでいるようです。
Posted by ニョ〜ボさん at 2018年12月28日 17:39
> ニョ〜ボさん
 ダイサギが冬鳥ということ、この記事書く時に知りました。
 年中いるようで別のヒトと入れ替わってるんね。
 コサギさんはいつでもいるけどw

 オオタカさんは地形が変わってもお住まいのようで
 ホっとしました(^^)
 春になったらキジ鳴くかな〜? そこが今心配。
Posted by Yokoman at 2018年12月29日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: