猪突迷進

2019年01月08日

前回からのあらすじ

新年早々のボケにより
日が沈みそうな時間から散策をスタート。
明るく気温があるうちに鳥たちを探さないと
冬は早めに店じまいしてしまう(((;@@)急げ急げ


-----

川崎市「生田緑地」に到着。


古民家前の広場では餅の売店が出て
古民家も正月イベントをしてるようで人が多い。

というか、マジに人が多い。



寒いし、正月はてっきり
どいつもこいつも家のコタツでゴロゴロしてると踏んでいたのに
子供は数の子。メイン広場やその周辺も子供連れでぎうぎう(´_`;)

ならば、と、脇道に反れるも
犬連れ・犬連れ・トレイルランもどき・犬連れ・バーダー・犬連れ

あちこちで犬が吠えてるせいで足元の鳥は全然おらん;



これは2019年の初鳥見。オワタか?



しょーがないので、鳥以外のものを撮ってみる、

梅園ではウメが咲き初め。
だが・・・ウメも撮影の順番待ち;

190108_1.jpg

人気の無いボケで我慢するw



ロウバイは、開花まであとちょっとかな。
香りが出てこないとテンション上がらないな〜


林の中にはポツリポツリと濃いオレンジ色のカラスウリ
その隣の熟れてない実のようなものは・・・

190108_2.jpg

ウスタビガの繭ですな(>∀<* )

下から見ると水抜き穴?が見える。


木々に葉があるうちはなかなか見つからないウスタビガの繭だけど
葉が落ちる冬になると瑞々しい緑色が目立つようになる。

目立つけど・・・お触り出来ない位置はテンション上がらないw



ウスタビガの繭を最望遠で四苦八苦して撮っていると
谷間から甲高いルリビタキの声がしてきた(゚∀゚)


入口近くに大量に群れていたバーダーたちとは別の場所だ。
何処で鳴いてるんだ?(ノ ̄o ̄)
谷間を下りながら声の出どころを探す。


しかし途中でその声は途切れてしまう。


あたりは薄暗くなり、太陽は森の裏に隠れたようだ。

次第に帰り始めた人たちが増える中、
森の中の鳥たちの声は逆にどんどんと増えてきた。


よし!( `・o・)ノ 夕暮れ時の最終チャンス!









190106_4.gif



ぐうぅぅぅ〜〜〜ギうぅ〜〜〜ゥゥ。っぐぐぐ



自分の腹の音がうるさくて全然集中できーず!!(;@□@)





昼食抜きの罰が、こんなところに弊害をぉぉ




あまりにうるさいので、


午後4時。諦めてラーメン屋に向かいました



( ̄m ̄)・・・急きょ2019初鳥見延長戦へ。

まずは腹ごしらえ。
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: