曇空の美男美女

2017年06月22日

「テンプルハウス」から日を改めて次の公園。
本来は、多摩川沿いの公園へと向かうのがセオリーですが
ボロチャリが調子悪いと言い訳をして今回も電車移動で遠征。

今回は「ホーリーパーク」へやってきた。
こちらへは昨年も来たな。

※2016年の記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/439251225.html


170622_1.gif

天気は・・・あんまよくないな;

晴れ間なしのどよ〜んと曇天。
気温ひえひえ。風は無いかな。

普通はゼフ撮りには行かない日。
それでも出掛けたのは、正午頃に日差しがチラつく予報。
そういう日は、早朝よりも昼前にチャンスがあるから
寝坊と遅刻の常習犯の自分にはピッタリだとおもったからだw



バス停から降りて園内を進む。

蝶どころか虫の姿は皆無。シジュウカラさんの雛の声だけ。
昨年は溢れんばかり飛んでいたアカちゃんの姿も無い。

たぶん園内をぐるぐる細かく見ても
ハエ1匹すらもいない気がしたからw
早々に真っ直ぐと王道ポイントへと進む。



王道ポイントには先客が3人ほど。待機中。
やっぱりここも何もいないか・・・今日は寒いもんね。
てくてくとポイント周りを歩いていると、



!?



170622_2.gif

で・・・

で・・・








170622_4.jpg

でたー!!




急に目の前が明るくなったとおもったら
一瞬の日差しに浮かび上がる青い翅!

最初から全開www



じわ〜んと開いてくれる印象があったから
目に飛び込んだ瞬間から光り輝いてるのにはビビったw
開けっ放しは不用心だぞ!w




何枚か撮ったのち、奥からやってきた人影に驚いて
森の奥へと飛んでいってしまった。
と、同時にスポットライトのような日差しも
元のどんよりした曇り空に戻った。

なんか白昼夢みたいだったな(;´v`)ドキドキ...



170622_6.jpg

近くで日差しが無くても開いてくれた女の子。

その後10時までに10人くらいになった撮影者。
待機している人たちは、キレイな男の子には目もくれず
AB型の美少女を待っているみたいだね。

自分はハッキリいって、そういう差別はせず
女の子ならどの子も平等にカワイイとおもうぞ。
顔しか見てないから!(虫に限っての話。誤解の無いようにw)




170622_5.jpg

少しだけ薄曇りで明るくなった帰り際
バス停近くでウラナミちゃんに会うことができて、
悪条件の中にしてはお土産は沢山揃った(^^)

今年のゼフはピークを待たずして4種撮れたから
早めに撤収とします。また来年よろしくねー


次回、この日出逢ったゼフ以外の生き物たちの話。
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド

とりあえず3色

2017年06月20日

前回からの続き

某所・テンプルハウスで虫探し。
ギラギラの夏を思わせる日差しで
苦戦したけど、なんとか木陰を中心に探し回って
それなりの収穫となったぞい(・∀・)o



まずは、保険材料のトンボさんたち。

保険材料と言いながら、たぶん自分今日イチの収穫w
それというのもハラビロさんがいっぱいいたからだ(^ω^)

170619_1.jpg
じーーー

ハラビロトンボさんは横浜の山奥で昨年も逢えたのだが
その時はノーシャッターで、写真は実に9年ぶり!

170619_2.jpg

ハラビロ男子は、黄色>黒色>青色 と3段変化をする。
黄色は若気の至りとして(w)、だんだんとダンディな大人の男になるなら、
>黒だとおもってたら、黒>なのだね。

170619_3.jpg

黒をスーツとするなら、は和服かな。大人の落ち着き


トンボは他に、シオヤトンボさんと出始めのシオカラトンボ先輩。
なんとなく似たもの同士3種w



木の葉っぱには、見たかったゴマダラオトシブミ氏。

170619_4.jpg

なかなかのオサレ虫w

ちっともじっとしてくれなくてヤンチャですな。
この子1匹だけで1本の木をブンブン飛び回っていた。
ちいっちゃいくせにオマエの縄張り広過ぎやしないか?


クワの木には、おカイコ様

170619_5.jpg

クワコちゃんも横浜の山奥で逢って以来。2回目の登場。

時の流れを遅く感じるというか、独特な空気を持っているお方で
ついついコチラもボーっとしてしまうw
今度はむしゃむしゃクワ食ってる姿を拝見したいな。


田んぼの横の木陰には、、、

170619_6.jpg

あちらこちらに小さな黒い虫が、すやすや寝てる。


170619_7.jpg

ゲンジボタル氏は昼間は爆睡なので
ゆすっても揉んでもボケ入れても全然起きない

そういえば田んぼの中、タニシはいっぱい見たんだけど
カワニナも相当住んでるのかな? これだけホタルいるなら。


他に、
ヨツスジハナカミキリ、セスジナガカメムシ
アカガネサルハムシ、ヒゲナガハナノミ
 かな。
葉上の虫は少なかったけど、初撮り多いから許す!(*-∀-)w

ニホンミツバチ先生の巣を動画撮影してみたのだけど
あんまり綺麗に映せなかったのでボツ!(ーー;)
もっと堂々と巣の入口ギリの置かないと臨場感出ないね。




最後にゼフの結果はこんなカンジ。

170619_8.jpg

とりあえず本日の目標の3種は苦戦したけど全部見れた(^^)

ミズイロちゃんは諦めてたのだけど
暗い林の中にポツンと急に現われてドキっとしたよ。
やっぱり気温が高くて、9時には全員お昼寝モード。
薄暗いところ隠れるようにして見つけた子ばかりだった。



暑すぎず、寒過ぎず、雨降り過ぎず、降らなさ過ぎず
羽化してたった数週間の命で、
どれだけまともに活動できる時間があるんだろう?
梅雨の中で好条件は少ないだろうに。

アゲハさんみたいに春から秋までブンブン飛び回っていたら
いくら綺麗な蝶でも、こんなにもファンはいないのかな?
儚くて、レアだからよいのか?
平日のこの日も自分を含め十数人の人がその姿を探し回っていました。


さてぃと、次回も期間限定を求めて次の公園へ向かうよ〜
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド

今年最初のゼフを見に

2017年06月18日

また来ました。


170617_1.gif

テンプルハウス。


※2015年の記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/420385473.html




2015年の来たときは
ゼフまとめ撮り計画」と題してましたが
今回は
ゼフもいたらいいな虫虫補完計画
来るものは何も拒まず、何でも出てこいやw



電車でよーくこねられ饅頭にされつつ
バスに乗り換えること1時間。
まずはバス停から降りて虫虫街道を散策。


なかなかのピーカンDAYで気温が高過ぎて
虫の出があまりよろしくない。

それでもトンボは元気に飛んでるから
まずはトンボから・・・とカメラを構えると


腹調子がなんかヤバい・・・( ̄□ ̄|||)



元々術後に腹壊しやすい体質となってしまたが
散策中は散策に集中して平気だったんだけどなー

慌ててトイレを探しに猛競歩で来た道を戻る。
あーあ、これはただでさえ気温が高いのに
朝イチがチャンスのゼフ探しには痛手だな。


でも、こういう時でこそ
トイレ近くでレアな虫に遭遇! とか
戻った道でまさかのアノ虫が! 的な展開が待ち受けてるのでは?

と、妙な期待をしてみたのだが


戻ったおかげで逢えたのは
道端に群れるルリちゃんだけだった。

そういえば可愛い顔に似合わずウ〇〇好きだったね;




さきほどのいた一番奥の場所まで戻ってきて散策再開。

ここまでトンボ撮りつつの
ゼフは高い木の上で寝てるアカちゃんだけ。

林の中に分け入って、ようやくナミナミちゃん出現。


時期的にまだミドリちゃんには早かったので
トリを飾ってもらうのはミズイロちゃんにしようと
探してみるもののミズイロちゃん現れず;

ゼフの中でミズイロちゃんが一番好きなんだけどなー(;;)


ミズイロちゃんを探しつつ、
小虫とか植物を撮る。


170617_5.jpg

ナワシロイチゴは沢山生えてるのだけど
ピンク生えするのがなかなか無くて難しい。
イチゴより断然このピンクの花の時が好き。


170617_6.jpg

オカタツナミソウは、先日の生田で見られず
ガッカリしてたのだけど、1輪だけ見つけることが出来た。
園芸種のタツナミソウより花が大きく立派で好き。


170617_4.jpg

竹藪で生えてたのは・・・なんだっけ?これ?
腐生のなんかの蘭だよな。何蘭だ?

調べてみると、ツチアケビ様でした。
初めて見たよ。
蘭なのアケビって名前が引っ掛けだよなー
「ツチアケビラン」とはならないw



鳥は、春のキレイな渡り鳥もいなくなって、
トッキョキョカキョク・・・テッペンカケタカ・・・が
遠くの方で鳴きながら飛んでいたけど

ほぼメインは








170617_2.gif

コイツらの天下だな;汗



ガビチョウの声の数がすさまじ過ぎる;

あっちでもこっちでも鳴いてる上に
人間も怖がらないから、こちらの姿に気付いていても
大声で鳴き続ける。
繁殖期だから気合い入っちゃってるのか??




こちらも繁殖期の関係か?

170617_3.gif

道をどうしても譲らないカルガモ夫婦。

反対側から来た子供らも困ってるでないか。

変な人がカルガモと絡んでることに!


逃げたいのだけど、すげぃ考え込んでたな。2羽して。
道を渡った林の中に巣でもあるのかな?
5分以上動いてくれなかったが
結局引き返して田んぼに戻っていった。



全体を散策し終えて、ベンチで見た虫達の名前をまとめる。

蝶は20種類以上見れたかな。
多かったのは給水中のテングチョウさんやルリシジミちゃん、
あとダイミョウセセリ殿とか。

小虫もなかなかいっぱい撮れたな(・v・)


次回、戦利品の紹介。
by Yokoman 07:00 | Comment (3) | フィールド