冬の自然教育園

2017年03月04日

部屋の窓から
ヒキガエルの声が聞こえてくるこの季節。

冬だか春だか微妙な何かを見に行きたい。

チャリの調子もあまりよくなく
土手を長距離進むのも怖いので
電車で出掛けることにしよう。


電車に乗って「目黒」へ
目黒にある「附属自然教育園」にやってきた。

チャリでサクっと何度も来てる公園だが
ブログ始めてからは初めて来たかな。初登場w

名前にある"附属"というのは上野の「国立科学博物館」のこと。
日本一立派な科学博物館の附属の公園なわけですから立派ですw


170229_1.gif

とはいえ、立地は大都会のド真ん中。
まわりはビルビルビルの無機質ムキムキ。
その中にポツンと浮かぶ
皇居や明治神宮に並ぶ都会の森。

過去に何度も来たとはいえ、
冬は1度も来たことなかったので来てみたかったのだ。

入園料を払い、受付でリボンを貰って(入園者数把握用)入場。



夏に来ると、うっそうとした木々が木陰になって
とっても涼しい場所という印象が強いのだが

冬来ると


170229_2.gif

やっぱりうっそうとしてる

常緑樹が多いからか。
まぁ、でも落葉してる木もそれなりにあるな。

170229_6.jpg

ムクロジの実が落ちてた。

ムクロジというと、お正月の羽子板の羽にくっついてる
黒い豆みたいなのがムクロジの種子なわけだけど
実全体を見たのは初めて。

乾いた半透明の黄色の実。
プラスチックのような不思議材質。カラカラ鳴る中身。
すげぃ欲しかったけど、持ち出し禁止なので
森にブン投げといた(腹いせw



森の中をてくてくのんびり散策。

まわりのビル群は森に覆われてほとんど見えないが
真横をぐるっと走る高速道路から車の音がよく聞こえる。

園内にはお客さんが20人くらい。
ほとんどがカメラを持って写真散策の人たち。

170229_7.jpg

セツブンソウフクジュソウなど撮ってる人もいるけど
野鳥用の望遠カメラを持っている人の方が多い。

しかしながら、野鳥好きなカメラマンが狙うほどの
それほど珍しいものはいないカンジ?

鳴き声はカラスばかりで
その他に聞いた声、見かけた鳥といえば(多い順に

キジバト
ヒヨドリ
メジロ
シジュウカラ
ムクドリ
アオジ
コゲラ
ウグイス


170229_3.gif

カワセミさんがいたから、カワセミ狙いなのかな?



170229_8.jpg

池などの水辺もあるけど
水鳥は今日はいないね。


冬の時期は
木の実や山野草の花(植栽)は見れるけど
野鳥が少ない日は、ちょっと見るものが少ないかな。

オススメはやはり初夏か。
水辺にチダケサシが咲く頃が好きだな(*^ω^)



1時間半ほど散策したが、撮れ高が少なかったので
移動しまーす。
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド

冬の東高根2017

2017年02月25日

天気もよさげ、風も無さげ なのでー
ひっさんびっさんにチャリで
「東高根森林公園」まで行ってみることした。
電車・バスで行った前回10月からも久し振りだな(゚∀゚)

※前回記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/443024968.html



「等々力緑地」に休憩を含めて寄り道。


昨年の同月は、
ワカケホンセイインコのねぐらを荒しに来てやったがw
今年はどうなんだろう?

170223_2.gif

昨年の止まり木には痕跡が見当たらなかった。
別の場所にいるのかな?
某大学に戻ったという話も聞く。

※昨年冬の記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/433295569.html




「大池」には1月同様にオカヨシガモたちが30羽...もっといるか?
前回いたカンムリ氏はいないようだ。

頭が緑のヨシガモ男子は少なくとも2羽見える。

170223_1.gif

メスはどうだろう?
ただでさえオカヨシガモと区別のつかない女子は
この距離だと肉眼ではマサイ族じゃないと無理なわけで;



緑地をあとにして多摩川の土手を北上。
途中から内陸側に90度曲がって
そっそっと「東高根森林公園」へ到着。

おもったより疲れずになんなく来れたな。
チャリハビリのおかげだ
(^^)


公園の管理所前にはロウバイの花。
いつもこのロウバイを
雪が積もるのを狙って撮りに来ていたのだが
一昨年?昨年?に根本近くまで剪定してしまい
当分は見られそうにないな。

170223_4.jpg

足元近くに花は咲いてるけどね。絵映えは厳しい、、、



さて、遠くはるばる、この公園まで来たけど
何を撮るか?

虫はいないし、雨が降ってないからキノコも無いな。
花はロウバイにウメ、フクジュソウくらいか?
早春の花にも、ちと早い。
カエルもまだだし・・・鳥探しくらいかな???



と、頭の中でぐるぐる模索しながら歩いていると




170223_3.gif


ふぉっ??!





遊歩道の先、木の枝に止まる、あれは!!











170223_5.jpg


つ?!








ツミ先生だーー!! (゚∀゚)




以前、初めて遭遇した時は
後姿で尻からのアオリだったがw

今回は真正面で、めっちゃ近い!\(゚∀゚*)ノ


170223_6.jpg
1・2・3 足踏みぶみw



後から来たおじさんが言うには
ここ最近頻繁に姿を現すとのこと。

逃げも隠れもしないで、堂々と何かを狙っては
せせらぎにダイブしたりキョロキョロしてたけど
虫でも捕ってるのかな?( ・_・)

ツミ先生は先生なのだから
もっと生徒の手本になるような
大物を捕ってるところが見たいんだけどなー
「所詮、小型のタカだから・・・」
なんて言われないように頑張ってほしいぞo(>_<)o))




そして、





ツミ先生以外の成果は得られませんでしたとさ


朝は良い天気だったのに
途中から雲行きが怪しくなり
終いには雪が降り出してw

鳥も人間も営業終了となりました。


ツミ先生に面と向かって逢えたから
何も言うことなしです
( ̄ー ̄*)ほくほく♪
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド

延鳥戦!の結果

2017年02月17日

前回からのつづき

初めての探鳥会。in「洗足池」
初めてらしからぬ活躍の末
すっかりエンジンが入ってしまい
物足りなさを覚え
解散後、延長戦へと突入した。


延長戦の舞台は「小池公園」


「洗足池」のお隣の「小池公園」へ
傘を差しながら住宅街を移動。。。( ・・)( ・・)

いつもチャリで行動しているせいか
移動時間が長く感じるな(ーー;)
流れる風景も違うように感じて迷子るし;


「小池公園」へ到着すると
さきほどは何故か見られなかったツグミ氏を発見。
「洗足池」というと、
ツグミ氏、シロハラどん、アカハラどん と
3羽揃うこともあるくらいツグミを見かけやすいけど
探鳥会では雨のせいなのかいなかったな。
それについては先生もガッカリされていた。


ほかにも「洗足池」にいなかった鳥で
マガモ氏、コガモ子ちゃん、バンちゃんがいた。

170217_1.gif
頭隠して尻隠さずw

水深がある「洗足池」にはカイツブリは見かけても
バンちゃんの姿はほとんど見ない。
「洗足池」には少ないアシ群落があるからかな?
身を隠すのがやっとの大きさだけど、浮島もあることだし
横浜の「岸根公園」のように繁殖に期待が持てる(^-^)




ってなわけで、延長戦を無事に終えて
洗足池:23種 + 小池公園:3種 =計26種の結果

まぁまぁだな。やっと納得して帰れそうw


今回「洗足池」の野鳥を知るうえで特にお勉強になった話。

池のキンクロハジロはゴハンを一体どこで食べてるのか?

魚介が好きな"ちょんまげ"が
池で人の餌付けだけで食事しているのは考えにく
池に潜って食事をしている姿も見ないから
どこで食べてるのか今まで不思議だった。

秋に食いだめて冬の間は絶食するとか
池の底は実はシジミやタニシだらけで満足とか
勝手に想像していたわけですw



実際はですねー


170217_2.gif

まだ真っ暗な朝方に産直市場に出掛けて



170217_3.gif

夜明けとともに満腹で帰ってくる のだそうですw


市場はどこですかね?
羽田ですかね?多摩川ですかね?
もっと遠くですかね?


AM2〜3時からAM5〜6時に外出として
どーりで気付かないわけだ!
(それでも確認が取れてるのだから物好き鳥見がいるのかw
他の近隣の淡水池でも同じということかな?


朝が苦手な自分としては
とてもついていけない生活リズムですな。

マネできそうなのは
朝7時から深夜1時までの昼寝
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド