金のアスパラ

2018年04月20日

「三ッ池公園」の帰り道「鶴見川」をチャリる。

前回通った時はイソヒヨドリさんと遊んだりしたが
そう毎度毎度会う鳥ではない。

川面にいたキンクロハジロたちもいなくなり
毎度毎度のオオバンたちが泳ぐだけに。
頭の色が変わってきたユリカモメたちはそろそろ帰り支度。

さほど見ながら帰れる相手がいないな〜とおもった時、
あいつらのことを思い出した。



180420_1.jpg

ヤセウツボさんである。



ソメイヨシノが散り始めた頃から顔を出し始めるヤセウツボたち。
彼らは寄生植物で自ら栄養は作らず
マメ科のヒトから栄養をもらって生きている。
ここの場合はアカツメクサさんに養ってもらってる。生粋のニート。

アカツメクサさんも、ヤセウツボさんも元々日本にはいない植物だが
アカツメクサさんは移入種。ヤセウツボさんは外来種
という位置づけ。
人に有用か有用でないかで扱いが異なる。勝手やね〜




鶴見川のヤセウツボさんたちには例の黄色いヒトがいる。

※黄色いヒト
http://dotetuu.seesaa.net/article/438198840.html




180420_2.jpg


今年もたくさん出てますねー(^ω^)



アスパラみたいで何だか食べれそうですな。

食べれんのかな?

葉緑素が無いから苦みが無さそう。
葉緑素も作る気がないほどのグータラっぷりだから
毒を作る気もなさそうだが?

しかし昭和初期に日本にやってきて
それ以降「この野草めっちゃ美味しい(゚∀゚*)」
とかいう情報が一切出てこない
味が無いくらいなら天ぷらにしたがるのが日本人だからなw
きっと、

クソまずいんだろう。



-----


山野草やらウツボさんやら書いていたら忘れてたんだが

以前見つけたシロバナノジスミレさん。
ひさしぶりに花を見ることが出来た(^∀^)

180420_3.jpg

栽培品で出回る従来のタイプは真っ白に対して
こちらは紫の筋が入ってるんよ。ええやろええやろ♪

※追記
後から、あれ?っとおもたんだけど
ノジの並びに混ざってて考えもしなかった。
アリアケスミレなのかもしれん(ーー;)葉っぱ似てるんだよね。
細かく調べてみないと今はちょっと分からず;
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | しょくぶつ

桜コンプまで

2018年04月16日

前回の「獅子ヶ谷」から隣の「三ッ池公園」に移動。


「三ッ池公園」に来て
この時期やることといったら、そう。一つしかない!


180416_3.jpg

(  ̄O ̄)/桜を撮ること!!



「三ッ池公園」の桜は公式発表では78種類ある。

これがいつのデータだか知らんし
実際は今現在は枯れて数が減ってるかもしれんし
逆に増えてるかもしれん(=3=)

この78種類を全部撮ってやろうと
13年前からちまちまと毎年数を増やしているわけだ。

もちろん、頻繁に通えば数は稼げるのかもしれないが
少ない来園数で来ている自分は

180416_1.gif

次々と咲く桜の開花時期に間に合わず
見頃の桜は数年はそれっきりだけの一期一会。



180416_2.gif

また、園内は広い上に
案内板には見頃の桜すべての場所が書かれていない
自力でどこにあるか見つけなくてはいけない。



咲いてる桜を見つけたらまずは花の写真。

180416_5.jpg

全開、半開、蕾 色々なパターンで撮る。
系統にによっては花の軸の部分も撮ったり
葉の出具合とかも( @@)

桜マニアではないので細かくメモる気はないんだけど
最近は"樹形"を気にしてたりする。

180416_4.jpg

桜図鑑に花のことは詳しく書いてあっても
樹形も気にしてる図鑑は少ない気がする。
若木と親木、個体差で異なるとはいえ
全体の雰囲気は大事。案外役立つ項目(゚∀゚*)


180416_6.jpg

あとは最後に名札を撮る。これないと始まらない

ちなみにこれは"ヒヨドリザクラ"と読むらしい。
花弁が最も多い桜で、その数400枚前後!(@@;)
蕾の栄養に手間取るためw、満開になるのはGW頃。



と、まぁ、そんなわけで撮った桜が
今回で44/78種。あと34種だ!( ̄∀ ̄)どや!無理やろうww


ホントに残りそんなに沢山あるのかね〜?

名札が付いてないのもあるのが痛いな。
桜マニアさん曰く、貴重過ぎてワザと付けない疑惑...

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/266298110.html



あと5種くらいで自称・打ち止めとしたい(-v-;)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | しょくぶつ

どれどれスミレ

2018年04月09日

先日行ってきた春の「裏高尾」

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/458350129.html



山野草の写真を沢山撮ったものの
毎回その同定で困るのが スミレの仲間 だ。


サクサク見分けがつく人もいるよね。
一体どんな目してるんだ? というかそいつ人なのか?
というくらい訳が分からない。

観賞用の植物のように
名札がついたものがいつでも手元にあれば
見慣れてくるのかもしれないが
1年のうち春だけ、
それも1回か2回フィールドで見かけたくらいでは
頭の中にまったく入って来ない。通りすがりヒト。

せめて、色々な花色・個性的な特徴が個々にあればいいのに
小さな似た形の葉。ほぼ紫の花。たまに白・赤紫。
(=_=)独自に進化する気がまったく無いな。
協調性を大事とし、好きな言葉は 並・普通・基本・平常運転。


そしてこの時期は、
山だろうが都会だろうが強健種のタチツボスミレばかり。
タチツボ氏がもう少し謙虚なら他のスミレも日の目を見そうなものを
明らかに邪魔してるw

「こ・・このスミレは!」
「これちょっと色違うな、大きさも違う気がする」


とかおもったところで、素人はほぼ92%タチツボ氏止まり。
もうそこでスミレの同定のやる気が無くなる。



と、ここまでスミレの悪口を書き連ねてきたが
実際撮って来たスミレはどうなのだろう。

ちなみに高尾山で見られるスミレは18種類
変種を入れると40種類くらいあるそうです。..大丈夫か?

(※以下、素人目の同定。あたたかい目で)

-----

180409_1.jpg

高尾のあちこちでスミレの姿を見かける。
山肌も街中も畑の中も。
しかしやはりタチツボ氏が多いとおもう。


180409_2.jpg

これは色が濃いから明らかに違うやろう?

色々なアングルで一応撮ってあるんだけど
特徴からするとアカネスミレ?
色に赤みが薄いのが気になるな(ーー;)うーん...


180409_3.jpg

こちらは山の中に生えてたスミレ。
明らかに花が大きくて葉っぱが変な形で
タチツボ氏とは違うな。名前知らんけど(゚∀゚;)w

これはナガバノスミレサイシンさん。
スミレサイシンのシリーズを1種は見たいとおもってたのに
実際見つけてみるとその場で名前が出ないヘタレっぷりw
そうか。葉に特徴があるんね。


180409_4.jpg

これは何だろう?
スミレサイシンっぽいけど山でなく畑に生えてた。
葉っぱの違いは結局区別つかずか・・・
すでに脳が限界に来てる(ーー;)
ヒメスミレさん? What is your name?



ダメだ。ギブ。(_ _;)ぐふっ


どいつもこいつも個性が無さ過ぎる。
アイドルグループを見分けるくらい難しい。
誰か「アホでも分かるスミレ図鑑」書いてくれないかな〜



同定は難関だったが、なんだかんだで
タチツボスミレじゃないっぽいスミレには逢えてた。
あとは場数とオツムの問題か。

がんばれ自分。
by Yokoman 18:19 | Comment (0) | しょくぶつ