老後の冬

2016年11月12日

すっかり寒くなったな。

夕方、家に帰ってきて部屋の明かりをつける。
自分の部屋は夏のクーラーも無いけど
冬のストーブも無いから窓を開けっ放しで出掛けると
キンキンに冷えてるのだ(((-_-;)))

開けっ放しだった窓を閉めて
PCの電源を入れ、ふと天井を見たら、、、







161112_2.jpg

!Σ(゚д゚;)はぅあ!?



は・・ハチだ!
蜂だよ。オイっ



別にどて通なるもの
蜂ごときに何を慌ててるんだって話なんですが


で・・デカいんよ( T∀T)


この時期、土手で見られるのは
小さなオスのフタモンアシナガバチ君ばかりで
室内に迷い込んでくるのもフタモン君。


コイツはセグロ君。セグロアシナガバチ
フタモン君より1まわりデカくて凶暴性も上。
あまりかかわりたくないタイプ


いつも見るオスのフタモン君は
触角がくるくるパーで安全な蜂として区別しやすく
すべてのオス蜂がくるくるパーとおもっていた。

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/234806549.html


このセグロ君は、、、、

くるくるしてない・・・!!Σ(゚□゚;;;)
凶暴なメスやーーーー!!!Σ(゚□゚;;;)

と、慌ててみたが
よくよく調べるとフタモン君以外の蜂のオスは
そんなにくるくるパーにこだわりは無いようで、
このセグロ君も無害なオスのようだ。


とはいえ、この時はそんなこと知らんかったから
めっちゃビビリましてwええ。


網を振り回し、ぶんぶん逃げ回るセグロ君を
ヒーヒー(゚д゚;)言いながら身をすくめて追いかけ

なんとか捕まえて外へと放流。

161112_1.gif

寒くてダダこねるw



網を窓に固定して、
なんとか次の次の日飛んで行ってくれました。




正体が分かった今おもうに、

80歳近いおじいさんを
寒風吹きすさぶ深夜の外へ放り出す



のと同じ行為だよな。





ええっと・・・マジごめんなさい(=_=;;)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | ┗お客さま

くわっ

2016年08月19日

夜。

ダイエットをかねて散歩に行ってる
母が嬉しそうに帰ってきた。

110925_2.gif

「見て見て見てー」(*´▽`)




またカエルか?


と、(-_-;)その声のテンションに苛立ちつつ
玄関への階段を見下ろすと、
どうやら違う雰囲気だ。








160825_1.jpg

コクワガタ




コッ君ひさしびさに見るなー( ' ')


この辺りにもコッ君が住んでたのだね。


東京の都会で見られるカブトムシ・クワガタランキング
栄えある1位に輝くのが、おそらくコッ君だろう。
次いでカブトムシ。

だからといって郊外のように沢山いるわけではなくて
ある程度の範囲内に落葉樹の雑木林的な場所がないと
なかなか見れる機会は少ない。
このコッ君もそんな場所から飛んできたのか?
(※飼育箱から逃がした可能性も無くはないw)



160825_2.jpg
つぶらな瞳w



コッ君というと、子供の頃
3年間飼っていたコッ君がいて
(クワガタはカブトより長生き。)
愛着がめっちゃあるのだ(-v-*)
その話はまた違う機会に話すとしよう。



その後コッ君は都会の明るい夜空へと飛んでいった。
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | ┗お客さま

水不足

2016年07月10日

最近DIYに凝っている。

といっても、もっぱら目的は耐震性アップ。
安全バー作ったりとか、ワイヤー引っ張ったりとかだ。

部屋にある大きなアルミラック。
固定されておらず、倒れたら危ないので
低い棚を手作りして置き換えることにしたった(゚∀゚)


ホームセンターで安っい木材を買ってきて
換気の良いベランダでの作業。
ヤスリじょりじょり、塗料ぬりぬり、ニスみがきみがき。

160709_1.gif

完成は2年後くらいか?w 全然進まないな・・・






160709_2.gif

ふと前を見ると・・・









160709_3.gif


ガガンボ?




にしちゃ、翅とか足とかが違うな・・・
どっかで見たような・・・











?!




アメンボ?!



おぬし、もしやアメンボではないのか?!





ガガンボとそっくりの手足の長さ胴の見た目だが
なーんか違うアメンボ。
具体的には説明できんが




水たまりに突如としてやって来るのは
普段からどこでも飛び回っているのかもしれない。
ただガガンボとおもってスルーしてるだけか???

なんにしても
水無しのところにいるアメンボは新鮮w

捕まえてバケツの水の上に浮かべてあげよう!


そうおもい、手を伸ばすも、なかなかすばしっこい。
ピョンピョンと飛び回る。

しかし、ふと脳裏にある言葉が浮かんできた・・・


「アメンボは刺されると超イタイ!!」



!Σ(゚□゚;;;)はっ



こ・・これは、小さい頃に聞いた母のお告げ!!



小さい時に母に
「アメンボって飴の匂いするんしょ。めっちゃ嗅ぎてぇ」
と言った時に
「アメンボは刺されると超イタイ!!」
と返された気がした。いや、たしかに言ってた!(゚□゚;;;)




アメンボはしばらくすると青空の彼方へ飛んでいった。

貯水率高い場所を探しに行ったのだろう。


今度会った時は、慌てず騒がず落ち着こう(;=v=)
by Yokoman 07:00 | Comment (6) | ┗お客さま