なんちゃって海底探査

2018年06月14日

先日も、ビミョーな働きをしてくれた水中カメラ君。


今まで、

・海辺の潮だまりの撮影 (アゴハゼしか映らず)
・多摩川のアユ (ニゴイ越し遠目)
・コイの産卵 (・・・に集まったコイ)
・ヤマアカガエル (水中待機=静止画)
・多摩川のコクチバス稚魚 (ナイスボケ)


youtube_p.gif

という、へっぽこ映像を収めて来たんだけど

これらは全部、手持ち と 自撮り棒 での撮影。


撮影者は水の中に意地でも入りたくない!!(>0<) というワガママのせいで
へっぽこ映像ばかりになってしまうわけだ。


せめて、撮れる範囲を今の1mそこそこよりも拡大したい!






で、作ったのがコレ。


180613_4.jpg


水中カメラに固定バンドを手作りして
左右2カ所にフックをつけて

釣り竿のリールに2本の糸を巻いて
竿の先端部とガイド2個手前からそれぞれの糸を通して
カメラにつないでみたゾ!
(゚∀゚)ノ どや

カメラを固定する糸を2本にして間隔をとったのは
左右のバランスをよくするためと、水流でのクルクル回転を防ぐため。




これを使えば!

川岸から少し離れた本流も!
防波堤からの海の中も!


完璧に見えるはずや!!\(^◇^)/







んじゃ、テスト検証。


やってきたのは、とある海辺。

まずはモデルしてくれる魚のいそうな場所を探す。


180613_1.gif

・・・。

慌ててカメラテストに来てしまったから、潮見てくるの忘れた
現在、満潮の潮止まり。
濁りも強く、風も強い。


200mくらいの水際をウロウロして
条件がよさそうな場所に、録画をONにしたカメラを沈めてみた。

岸から2〜3m。深さ1m。 今までの撮れなかった範囲の場所。


3分ほど付近を流してみてカメラを上げて映像を確認。




おぉ?



おおおおぉ??!!




(@@;;)ぐわっ!





濁った水をかき分けて、たま〜〜にハゼの姿は映るんだけど
やはりノーファインダー。
映ってもすぐにカメラが移動してしまう・・・



それと、これはカメラの改善点なのだけど、

180613_2.gif

三脚が無いと岩場で底に立たせるのは難しい。

180613_3.gif

三脚はすでに水中用を購入済なので、次回使ってみよう。
あと、水流をナメすぎて結局クルクル回転してるのも直さないとねw



へっぽこっぷりをほぼノーカットでお楽しみください( ̄∀ ̄;)


by Yokoman 07:00 | Comment (2) | ぎょかい

オタマなりすまし

2018年06月04日

昨日の「登戸」で気になることがあったから
次の日も「登戸」にやってきた( ̄v ̄)

さっそく多摩川の川岸へと向かう。

-----

平日だった昨日と違い
土曜の今日は釣り人の数がやたらと多い( ・_・)

ワンド側も本流側もヘラブナ釣りかな?コイかな?
あとは数人のルアー釣りの若者。



浅瀬には沢山の小魚の姿。
数千匹?何万匹?単位でいるだろうか(@@;)すげぃ数

なんかの稚魚か? 全然わからん。
モツゴとかかね? まだオイカワとか産卵してないし。


その中に同じくらいの大きさの全然別の魚の姿が。



180608_1.gif

オタマジャクシのように形の黒っぽい小魚

泳ぎ方が先ほどの小魚たちとはまったく違う。
時折その小魚たちめがけてつっこんでいったり、止まったり。
これは・・・肉食魚っぽいな(ーー;)



多摩川には在来の肉食魚(ナマズとか)もいるが
この地域で肉食魚といったらアレの疑いが・・・

さきほど若者がルアーで狙っていたやつですよ・・・(ーvー;)





その魚の正体が気になって
水中カメラに持ち替えて2日連続でやってきたわけです。




さっそくカメラを水の中に入れて
謎の黒い小魚の前へ・・・


この魚。カメラを見ても逃げないのはよいが
(むしろ好奇心旺盛で自分から寄ってくるw)
水面ギリギリを泳いでいて狙いにくい・・・

水面付近は濁りや光の反射が強い為、全然写らない( ̄_ ̄|||)

やっとこさ、一瞬写った魚影を確認。


180608_2.gif

やっぱりブラックバスの稚魚だ!



ブラックバス」という名前を聞いて
なんでブラック?ブラックじゃないじゃん。とずっと思っていたが

この「スモールマウスバス(コクチバス)」の幼魚の特徴が由来らしい。

たしかに黒いオタマにしか見えないw





ボケボケで証拠程度の動画ww
中には少し大きくなった子供も映っていた。
徐々にバスらしい模様と顔立ち。





180608_3.gif

近くに親がいたから
最初から確定してたんだがな
ww


多くの池や沼でバス釣りというと
ラージマウスバス(オオクチバス)」のことを指す。
コクチたんは少数派。

だけどここ多摩川ではコクチたんが主流らしい。
どうやら止水と流水で好みがあるようだ。
多摩川でバス釣りをしたいというアングラーや業界関係者
またはペットとして飼っていたものが放され大増殖したんだろうね。
うげげ。


カメラで映像を撮るよりも、
網で掬って確認した方が早いな。とはおもったものの
特定外来種』だから捕まえたら処分に困るんだよな〜

( ̄_ ̄|||) その場で佃煮にでもするしか・・・




コクチたんジュニアの動画を撮りながら
まわりの他の魚たちも撮ってみる。

なんだか色々な稚魚たちが浅瀬で集まっているのは分かるが
ただでさえ川魚の名前に詳しくないのに
特徴の少ない稚魚だと全然分からないな〜;;



次回。

本気で佃煮を考える。
by Yokoman 07:00 | Comment (4) | ぎょかい

長い腕

2018年05月27日

「多摩川河口」で生き物を探し。


180527_2.jpg


岩場で打ち上げられた魚でもいないかな〜と物色していると
ガサガサっと鉄クズの中に隠れた生き物の姿が・・・


カニ?

カニだな。



大きさは脚を入れると6〜7cmあって
ちょっと捕まえるのに自分では勇気がいるサイズ。
(ハサミはデカければデカいほど怖い!←あたりまえ)


脚は毛むくじゃらだけモクズガニではないな。
平ぺったく長方形の胴体。
一番気になるのは腕がやたらと長いことだ。持て余しとるww



180527_3.jpg


誰やっけ?( ・_・)



棒みたいに細い目玉はオサガニの仲間。
でも昨年捕まえたオサガニとは姿が違うな・・・

180527_1.jpg

↑コイツね。




調べてみると昨年の手が小さい方はメス
今回の腕がやたらと長いのがオスらしい。

多摩川でよく見かけるヤマトオサガニさんとの違いは
腕のイボイボ。大和男児と大和撫子はツルツルな腕w




そうだった。カニってオスメスで腕やハサミが違うんだった。

以前カクベンケイガニさんの服の色がオサレと書いたが

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/452705461.html


今度から男女比もちゃんと考えなきゃいかんな (-o-)
お勉強になった。







正直めんどくさいが・・・
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | ぎょかい