ひらけー 堰!

2017年04月30日

ある日の春の多摩川。

丸子橋を東京から神奈川へと渡っていると
川がやたらと騒がしい。

水面で何かがバシャンコしてる。

多摩川の水はこの場所まで潮位の干満さがあるのだけど
この時間は満潮で水の中が深くてよく見えない。

東京側の川岸に戻って水面を見てみることに。



170417_2.gif

そこらじゅうでバシャバシャして跳ねてるのは
どうやらマルタウグイさんのようだ。
大きな魚影が跳ねた瞬間、オレンジ色がチラリと見えた。



マルタさんはソメイヨシノが散り始めるこの時期
産卵するために上流へ向けて海から移動してくる。

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/416835158.html


「おっしゃー!産卵したるぞ!」
「皆の者!! 上流へ向けて出陣じゃぁーー!!」


という気合いでバシャバシャしてるのかと
おもってみたけど、実はそうではないようだw




170417_1.gif

堰が閉じられていて先へ進めないらしい。
抗議のジャンプw


アユの大量遡上に伴ない、
この調布堰は春〜初夏に一時的に開門するのだけど
アユのための開門であり
マルタさんのためには開けてくれない



美味しくなくて需要が無いって罪・・・



従ってマルタさんは、開門するまでは
お世辞にも親切とは言えない魚道を通っていくか
がんばってジャンプして堰を超えるしかないわけだ。


170417_3.jpg

おりゃおりゃおりゃおりゃ


170417_4.jpg

とうっ!



もうちょっとで門が開くはずだからな。
それまで茶でもして待っててね。
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | ぎょかい

カニ食べ放題

2016年11月20日

秋晴れの日はあんまり続かなかった秋の話。


手元には
某所でGETしたアカテガニのハサミ。

161122_1.gif

よい。

(*´∀`)赤いハサミとミルキーホワイトの手首。
見てるだけでカッコウマそう




なかなかキレイだが
鮮度の方がよくわからなかったので
とりあえずの室内で干物2週間。

161122_2.gif

その後ビニールパックに入れて一時保存。
あとで水洗いして、タカラガイ同様に
研磨クロスでピカピカに磨こう〜





・・・そして、1週間後


今日はヒマやし、アカテガニさんを洗ってみるかなと
パックからハサミを取り出す。

すると、






161122_3.gif


関節からコンニチワ




丸々と育ったウジ氏。
住み込みでカニ食べ放題してる;

3週間も!



161122_2.gif

さらに2か月干しました



そろそろ磨いても平気かな?

もうフードファイターに会うのは勘弁で(^^;)

(体格的にたぶん店から出られずな気もするんだが;汗)
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | ぎょかい

決め手はシャクレ

2016年10月18日

散策からの帰り道。
いつもの用水路沿いをチャリっていると・・・

水路の中にぼんやり白っぽい魚の背中が見えた。


161018_2.jpg

あれ?
アイツは以前見たアイツじゃないか??


※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/426767469.html



151009_1.jpg

こっちが以前見たときの姿。
色がまったく違うけど、大きさは20cm強で同じくらい。

以前見た水路と同じ水路なんだけど
直接はつながっていないから別のヒトだろう。



前回は、このヒトが

大きさは20cm強。薄いまだら色。
下アゴしゃくれ。 親玉の風格


という特徴を持ち
ドンコなのか?カジカなのか?って議論で終わった( -_-)


っというわけで、今回改めて調べてみるに


下アゴがしゃくれてるのは
ドンコさんということが判明した。


161018_1.gif

カジカさんは丸っこくてネコみたいな顔だけど
ドンコさんはイノキみたいな顔らしいw

食生活の違いによるんですかね〜?


寿命は10年くらいにもなるらしい。
同じときに水路に入れられて
この体長になるまで結構長いことお住まいなのかも。


そういえば
同じ水路にお住いのナマー先生。

141105_2.gif

この日は2匹いることを確認ww

ナマー先生も寿命は10年以上と言われている魚。
ドンコさんと同じ頃にやってきたのかもね。


たとえ日本の魚類でも
ペットを野外に放してはいけないですぞ(`・ω・)ノ
放すくらいならナマズ鍋にしてしまいなさい!
(ドンコさんは食えるのかな?w)
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | ぎょかい