2018なぎさきのこ

2018年06月28日

6月。梅雨。

梅雨。


梅雨キノコの季節!!(゚∀゚)



発生具合を見に今年最初の「なぎさキノコ園(仮)」で

knwtt1.png

「キノコの名前は分からないけどとりあえず撮ってみる会」
KNWTTの活動へ!!


------

と、まぁ、勢いだけで来てみたものの


ジメジメしている状況のくせして、キノコあまり生えてないな。

180628_1.gif

気温がダダ低いせいだな。

今年に入ってこれまでに
蒸し暑かったと呼べるのは1週間くらい前にあった1日だけで
それ以外は湿度が上がっても気温が低い状態が続いとる。

人間には過ごしやすくて嬉しいんだが
キノコはこれじゃあボコボコとは生えんわな。悩ましい。


180628_3.gif

低い気温でも沢山生えてたのはベニタケの仲間くらい。

名前はベニタケと付いていても
近隣のフィールドで見る多くは真っ白いものが多い。

180628_5.jpg

真っ赤でなくとも日の丸くらいあるだけでも嬉しいw
(ケショウハツかね?)


今回生えていたキノコは他に
スジオチバタケクサハツモドキ
アセタケの仲間と、以前と同じ場所に生えてたベニウスタケ似の謎キノコ
初めて見たレイシのツヤツヤ幼菌。

そして

180628_6.jpg

特大のアラゲキクラゲ!!\(@∀@)/


このキクラゲに関しては
以前別の公園で"祭り"に遭遇したけど

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/429604943.html


それ以降、立派な株には逢えていなかったから
数年ぶりの大物に、
ジメジメの暗い林の中ひとり大興奮!ww



梅雨キノコの本格シーズンはこれから。
良い天候に期待しよう。(・▽・*)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | きのこ

雨ほどほどに

2017年10月30日

171030_1.gif

前回。雨過ぎて虫が少ない話をしたけどさ、
じゃあ「雨が好きなキノコは多いのか」と言われると

そーでもない。

雨が降り過ぎて、人知れず溶けてるのかな〜くらいにおもてたけど
ある程度は晴れて気温が上がらないと
菌自体が活性化しないようで、生えてきてもいないらしい(;-_-)

キノコにすら見捨てられた今年の秋。

撮り納めに、仮称:キノコの山に行ってみた。



-----

例によってこの日も天気は小雨まじりの曇り。

前日まで1週間近くの長雨が降り続き
土はしっかり湿り気を含んでることは確定だ。
しかし気温は20度に届かず肌寒い。
('〜`;)もーちっと、太陽もやる気を見せてほしいな。


予想通り、山の上はまっ平らのまま。

171030_2.gif

落ち葉以外の凹凸はドングリとギンナンくらいw

キノコの「キ」の字くらいの収穫は欲しいな〜と
木の足元や傾斜など水はけがよさそうな場所を探すと

ハリガネオチバタケがチラチラと見えてきた。

さらに探すとテングタケを1つだけ発見。
ドクツルタケも以前は生えていた場所に数本が出てきてた。


う〜ん、それだけ。

(ーー;)3〜4種見つけるのが限界だな。今回は。

いつも同じ木に生えてるヤナギマツタケさんが生えてない時点で
条件が悪いのを物語っている。


171030_3.jpg

※見上げたら1本だけ生えてた図w



見つけ難い小さくて地味なキノコ、、、と、地面を這って

171030_4.jpg

カレエダタケが沢山生えていることに気付いたくらい。
(赤いのは先日つくばで覚えたばかりのヒイロタケ)




171030_5.jpg

今年の秋は、諦めて
夏に撮った同定作業でも進めますわ(-_-)

もちょっと撮りたかったな〜
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | きのこ

筑波キノコ三昧

2017年10月24日

前回からの続き

はるばる茨城までキノコイベントにやって来た。
普段MYフィールドでは見ることが出来ないキノコや
美味しそうなものやヤバそうなものまで
展示室でじっくり観察。
舞台はナマの現場であるキノコ生態園に移る。

-----

キノコは、動物や植物と違って
生態で展示することが難しい。

だって、
どこにいつ生えてくるか分からないし
何を食わせてよいのかすら分からんのもいる。
今日は見れても明日も見れる保証は無い。
繁殖させるにも小さすぎて目に見えない。ほぼ煙w



そんな無謀ともおもえる生態展示にここの植物園は挑戦している。
ビン詰めの菌床ではなく、自然の中でナマの姿。スゴイ!


野生のキノコが
案内の立札を見れば初心者でも簡単に探せる!

とならば、

171024_1.gif

森の中は大変混雑するですよwww


"キノコ目"を養わなければ、落ち葉と一体化して
探すのが難しかったキノコたちが、いとも簡単に見つかります。
来園者のみなさん大喜びw あちこちで歓声が聞こえます。



今回は時間が無かったので、サクっと名前の分かるキノコだけを撮影。
キノコに適した林を有する園内ではとても沢山見られたぞい(^ω^*)

171024_3.jpg

園内のキノコ発生具合の書込み。スゲイ親切v

-----

171024_4.jpg

この日、大豊作のカニノツメ
2〜3爪だと可愛いらしいのに
溢れんばかりのグレバでエグいことになっとる(=∀=)
こういう残念なホテルバイキング知ってるw


171024_7.jpg

たぶんイボテングダケに似た草加せんべいw
イボテンは2〜3日前がピークだったんだろうな。
恐ろしい数生えてた。


171024_5.jpg

ここにおわす御方を、どなたと心得る!
こちらにおわすは、タマゴタケ公であらせられるぞ!


助>サンコタケさん 格>ホコリタケさん

水戸じゃないがな( -∀-)ノ(+v+ )☆


タマゴタケは爆発してた(テングタケ科ほぼ全員爆発w)



誰も食べる人がいないから彼らの天国だな。


171024_6.jpg

これ、見てみたかったクサウラベニタケかな?似てる気がする。
ヘダは紅褐色だった。 一番人気(?)の毒キノコ。



このキノコは?えっと・・・

171024_8.jpg


そだ! ハチノスタケだ!\(@∀@ )ノ(狂w

キノコ撮りに集中し過ぎて
得体のしれないものは手当たり次第に撮るのやめれw


以上、キノコレポでした。
次回は、生き物編のおまけをチラっとだけ
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | きのこ