春を感じたい

2017年04月24日

最近死んどりますね。

170424_1.gif

夕寝のクセがついちゃったので
直り次第いつものペースに戻ります。



さて、とある休みの日。
天気も良かったので
久しぶりに「東高根森林公園」へとチャリってみた。


土手の沿いの桜堤は平日の5分咲きにも関わらず
沢山の人がお花見をしている。
まったくもってヒマなヤツらめ(オマエモナー


170424_2.gif



今年はゆっくり咲いてるソメイヨシノに先駆けて
「等々力緑地」の土手沿いの桜並木では
センダイヤショウカワザクラオオシマザクラが見頃だ。

170424_5.jpg

おもったのだが、ここの桜並木は
土手の栄養のせいなのか他所の同年代の植え込みより
成長が早いような気がする。気のせいか?(・_・)
この分だとあっという間に大きくなりそうで
ちょっと木と木の間隔が狭いのが気掛かり。

広く間を開けて植えるくらいが桜は数十年後ちょうどいいぞ。



そんな桜並木の土手の下には
これまた満開のユキヤナギがずらっと並ぶ。

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/194438991.html





その上を低空飛行でユリカモメ君が1羽飛んでいた。

170424_3.gif

1羽で、低空飛行で飛んでることも別に珍しいことはないのだが
自分の自転車と並走するように
10m、50m、100mと、ずーーっとユキヤナギの上を飛んでいく。


170424_4.gif

500mほど飛んでいった先で降り立ったのは、河原ではなく
桜の木の下!



ユキヤナギを前菜にサクラを頂く!

鳥でも分かるお花見日和☆(*>∀<)/


今年は天気が悪いから今日しかないもんな!
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | フィールド

生物季節観測

2017年04月16日

気象庁には季節ごとの生き物を観察する
「生物季節観測」なるシステムがあるですな(・∀・)

生き物の項目はオプションを含めて

鳥は
ヒバリ、ウグイス、ツバメ、モズ、サシバ、カッコウ

虫は
モンシロチョウ、キアゲハ、
シオカラトンボ、アキアカネ、
アブラゼミ、ヒグラシ、ハルゼミ、ツクツクボウシ
ミンミンゼミ、ニイニイゼミ、クマゼミ、クサゼミ
ホタル、エンマコオロギ


そのほか
トノサマガエル、ニホンアマガエル、トカゲ


生息している生き物が地域によって差があるから
各地域の気象台によって項目は異なるです。

「東京」では

ウグイス、ツバメ
シオカラトンボ、(アキアカネ)
ヒグラシ、アブラゼミ、(ミンミンゼミ)


たったこれだけしか調べてない。

東京の地域全体をみれば、他にもまだまだ生息しているけれど
定点観測地が気象庁の敷地内と大手町という
大都会のド真ん中のため
年々観測できる生き物が少なくなり
項目自体が減ってしまったんだってー
それこそ昔はカエルもホタルも見れたんだろうな。



ってなことを書いたのは

170411_2.gif

土手でツバメを見たから思い出したんよw


この日は4月4日。横浜の初観測日と並んだ。
だが肝心の東京の正式の記録は無い。
なんでも昨年に続いてだそうで・・・
東京も観測地点を下町にでも移せばよいのに・・・
大手町じゃ見つけるの至難やわ(;´д`)



170411_1.gif

ナミアゲハも同日だった(項目外w)

そういえば何で対象の蝶はキアゲハなのだろう?

普通ナミアゲハでないの? 並ってくらいなんだしw




減ってく一方の規定項目ですが、逆に
今から付け加えて欲しい項目に

クビキリギリス初鳴き
が欲しいとおもてるw


というのは、

170411_3.gif

好タイムが狙えそうだからだw

今年は3月上旬だった。
2014年は2月だったなw

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/395381225.html



ヒートアイランドの追い風で
全国1番乗りの狙え!(゚∀゚)


・・・褒められることじゃないけどなw
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド

蛙の子は土に還る

2017年04月14日

「宝来公園」で
梅雨になったら親カエル探しをすんぞ!(゚∀゚)宣言から半月。

別に待ちきれなくなったわけじゃないが
道すがら公園に寄り道した。
ヤマアカガエルのオタマたちに足は生えただろうか?



たった半月だが
下の池のマガモチェックも怠らないw

170415_3.gif

残るマガモはペアの2羽となった。

まわりがいなくなって2羽だけになる時間を待っていたのか
はたまたどちらか1羽の調子が悪いのか
同じ池にいるカルガモたちからの冷やかな目線にもおかまいなく
2羽イチャイチャと旅の終わりを楽しんでいた。
なんならここで子育てしてくれると嬉しいぞ(-∀-)☆



満開のタチツボスミレキランソウの花を見ながら
カエル池に移動する。
途中クサイチゴの花にモンシロチョウさんを見つけた。

170415_5.jpg

なーんか、ちょっと不自然なような???
春のモンシロさんの翅ってこんなんだったけ?
あんまりよく見たことないから分からんけど?

違和感だったのは、
裏側の翅が無かったから。
片側の翅だけで花に飛んでくるのは無理だろうから
誰かが花の上に乗せてくれたのかな?




モンシロさんの今後を祈りつつ
隣のカエル池へ目を移す。


ん?













170415_4.gif


水なくね?!






以前も水が無くなったことがあったけど
どうやらこの時期、
冬に稼働していなかった噴水をONにする為に
事前に溜まっていた雨水や落ち葉を掃除するっぽい??


もちろんオタマは
半月やそこらでカエルになれるほどの大きさではなかった。
(卵からカエルまで2ヶ月ちょい。あと1ヶ月は必要)


( ̄_ ̄|||) なんたることか・・・・


170415_2.jpg

疑惑の穴。





もしかしたら、この公園で親ガエルの姿を見ないのは
天敵うんぬんも含めても
カエルの数が極端に少ないのかもしれない。

170415_1.gif

毎年毎年、卵は産まれるけど
そのオタマがカエルになっていない可能性が。


下の池にも少数の卵があるらしいので
若ガエルがゼロではないとおもうが
卵塊数の多いカエル池では最後まで育っていないのかも;( ̄∀ ̄|||)


・・・。


毎度言っていることですが
よいですよ。別に。移入種がどうなろうと。

ただ、

オタマたちが排水溝に吸い込まれる姿は見たくないね(;;)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド