蛸の枕をメンテ

2017年11月13日

先日のビーチコーミングはなかなかの収穫でしたよ。

これでまた、しこたまストラップを作って売れそうですが
相当数をクリーニングする気力がまだ湧きませんな;
簡単そうなところから片付けていきませう(-∀-)



というわけでクリーニング1番バッターは
タコノマクラさんです。

念願の完品が手に入りました!(*T∀T)

171113_5.jpg

※1番左のヒト


砂浜で洗われて砕けてるのは真っ白のものばかりなのに
コイツはやたらと緑色でナマナマしいねー
裏側を見るとわずかな口周りの棘も今にも動き出しそう。
どうやら台風で生きたまま打ち上げられてしまったようだね。


さて、迷うことなくゲットしてきたのはよいのですが
こんなナマナマしたタコノマクラさんを
どう調理して良いのかが分かりませぬ;

ぐるぐるして調べたところ、漂白剤を使うのが一般的のようで。。。

(@@;)ふむふむ。。。

以下、自己流タコノマクラクリーニングにトライやで!

-----


171113_1.gif

まずは1リットルの水に
漂白剤(塩素系※重要)を半キャップ分(小さじ1〜2)入れた漂白液に
タコノマクラさんを投入!
ここで使うのはエンソ系。
サンソ系だと溶けて無くなるらしいw


171113_2.gif

タコノマクラさんは構造上
中の内容物(内臓)が取り出し難い
というか、ほぼ取り出せないw
唯一の出入り口はクチであるが歯が邪魔で出てこない。

天辺はもろくて、中からちょっとつつくと小さな穴が開く。
そこから空気を出すと、漂白液の中に沈めることが出来る。
空気が抜けないと沈まないので、上に軽い重石をして沈める。


漂白液は毎日交換。交換の度に表面は白くなっていくけど
中身はなかなか溶け出してくれない。

171113_3.gif

歯の周りをほじほじしたり、全体をシェイクしたりwして
内容物を洗い出していく。
目に見えてドロドロしたものは出てこないけど
毎日やると着実に中からキレイになってる感はある。


これを2週間続けてみた。


手始めに簡単なヤツをと手に取ったタコノマクラだったが
むっちゃ大変でしたwww

ついでに同じ漂白液にウニ殻たちも3〜4日ほど漬け込んだ。
そちらはドロドロのえぐえぐな中身が出て掃除しがいがあったなw
身体の大きなタコノマクラ(ウニの仲間)が
小さなウニより内臓が少ないのかが気掛かり。ホントに洗えたのか?


そんな2週間後がこんなカンジ。


171113_4.jpg

ほぼ真っ白( ̄∀ ̄)

乾燥後、数日置いてもニオイ無し。よいねv



このタコノマクラさんは額装してマイコレクション用にする予定。
オイルか樹脂か塗った方がよいのかな?
サンゴみたいな石灰分系は風化しやすいんだよな〜 考え中。
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | ぎょかい

温室の珍客

2017年11月11日

多摩川沿いから
にょこっと内側に入った「宿河原」にある
「川崎市緑化センター」で植物観賞。

171111_4.jpg

たまに行くんよね。
別に目新しいものは増えておらんのにw

※緑化センターの過去記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/353952348.html



お気に入りの温室展示へと向かう。

秋も終盤だから気温が低いというのに
温室の扉が開けっ放しだぞい( ̄Λ ̄)まったく
開けた人は締めないとダメですぞ。
川崎市お金が無くて自動ドアじゃないんだから。


ぬくぬくの温室の中で植物を観賞。

ぬくぬくとはいえ、やっぱり夏に比べると花が少ないな。
ついこないだ改修を行った影響もあるのかもしれない。

葉ばかりの鉢植えを見ていると、
なんだかどっかで聞いたような音が聞こえる。

171111_1.gif

なんだっけこれ?

この温室の空調の機械音、
なんかの鳥の鳴き声に似てるな。

温室には温度の上昇を防ぐ
自動空調システムが付いてる温室が多い。
温度が上がり過ぎると窓が開いたり換気扇が回ったりするやつ。

改修の時に新しいのを導入したのかな。










171111_2.gif

たぶん。







(;´д`)









温室の扉が開いていた理由が分かった。
迷い鳥(ジョウビタキ)を出す為だったのだね。

さきほど閉めた扉を元に戻して
少し追い立ててやったらすんなり出て行った。


171111_3.gif

だけど、出してからおもたんだけどさ・・・


ジョウビタキ氏って、たしか前科があったよーな??

※前科
http://dotetuu.seesaa.net/article/408676603.html



好奇心の塊で、ぬくぬくしたところ大好き!
おまけに温室内は虫も沢山いる!
と、くれば、、、




確信犯だ!Σ( ̄ロ ̄lll)


今度見かけたらドア閉めとこ。
行き過ぎた好奇心も反省させないといつか大ケガするからな。うんうん。
自分ってやさしいw
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | とり

シーグラス見習い

2017年11月09日

前々回からのつづき

ビーチコーミングをやるために
台風直後の海にやって来る。
海岸を渡り歩いて着実にお土産ゲット中。
おもってたよりライバルも少ないな。

-----

A海岸からK海岸へ。


ここは小さな貝が多いな〜
タカラガイさんがいっぱいあってムフフ(*^∀^)

自分、貝の名前は全然知らんし
フリマで売れるキレイな貝しかいらんので
お土産に拾ってるのは、
シーグラスタカラガイだけ。

シーグラスもいつもは手当たり次第にガラスを拾うけど
今回は「本物のシーグラス」と呼べそうな
角がほぼ無く丸に近いものだけにした。
そうなると必然的に1cmほどのばかりになるなw
3cm以上が通貨に使われる理由がようやく分かった。

※ビーチマネー(外部リンク)
http://beachmoney.jp/


家にある今まで拾ったビーチグラスを先日見返してみたのだが
角の取れが甘くて「半人前ビーチグラス」しかなかった。
今まで一体何を拾っていたのやら・・・反省



K海岸からS海岸へ移動。

移動中、岩場の海岸線をスーーと横切る青い影。。。

イソヒヨドリくんだ!(゚∀゚)

と、おもってから


171109_5.gif

まさかのカワセミ先生ww


夏に見に行った大磯のアオバトじゃないけど
塩味の魚がたまには食べたくなるのかね?
海水面の小魚をばんばん食べてたw


カワセミを見送って、長い階段を下りて海岸へ。

171109_3.jpg


このあたりは砂浜じゃなくて砂利浜なのだね。

171109_1.jpg

漂着物は多いが、砂利のためか貝はほとんど落ちてない。
ムラサキウニ(殻つき・殻なし)はアホみたいに沢山あったw

前回、葉山の時はウニ殻に一喜一憂してたのに
今回はどこもかしこもウニウニしてるから
ありがたみが薄い;
大きくて中身が洗われてるもの数個だけにした。
パイプウニとか落ちてればいいのに・・・


ゴミの中に変わったものはないかと探してみる。

普通はサメとかの魚、せめてクラゲくらいは落ちてるんだけどな〜
全然落ちてない。
魚たちにとっては大した嵐ではなかったのか?

171109_2.jpg

やっと見つけたのはカサゴくん。
奥の「長者ヶ崎」を丸呑みにしようとする図w


その「長者ヶ崎」を今回の終点とした。

「長者ヶ崎」って10年前くらいに釣りに来て以来だな。
フグ・フグ・フグ・フグしか釣れなかった思い出

171109_4.jpg

当時、タコを密漁してる人を多く見かけた岩場も
今は柵がされて入れなくなってた。
磯遊びも出来ないね残念。


この「長者ヶ崎」の隣は葉山で前回行った海岸が続く。
貝拾いのスクワット崖下海岸往復移動で足も限界だからここまでw


お土産紹介はクリーニング後の近いうちに。
なかなか沢山採ったぞい(゚∀゚*)
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド