ようこそ南の里

2019年01月10日

前々回からのあらすじ

夕暮れからの散策を余儀なくされ
あまり成果を得られなかった。
せっかくの夕暮れ時なので
夕暮れ時しか見れないものも見に行く。

-----


「生田緑地」から下って「等々力」付近

太陽が沈んだ多摩川の土手。
まだそこそこ明るい。



190110_1.gif


住宅街の上にはゾワゾワうごめく黒い影
よく見ると遠くの方やらあちこちに見える。

ムクドリさんかな?

ムクドリさんって、寝る前に大群で飛び回るけど
これって何なんだろね?(・・)
一致団結で巣の周りを指差し確認?
鳩みたいにGPSの現在地確認?
寝る前のダイエット体操?
真っ直ぐ家に帰れば人間たちに気味悪がられないのに・・・


そんなムクドリさんたちの群れを突っ切るように
あちこちから、真っ直ぐこちらへ飛んでくるのは

ド派手な黄緑ワカケホンセイインコたちだ。



2年前にも見に来ましたな(^∀^)

※関連記事
http://dotetuu.seesaa.net/article/433295569.html


その時は車で来たので、深く調べられなかったけど(病人だったし
今回はゆっくり徹底的に観察したるぞー\(゚∀゚ )ノイエイ



登場シーンは前回書いたので省きまして、

まずは多摩川を渡ってきたインコたち多くとまる木を探し移動。



・・・。うわー・・・



枯れ木青々とした葉が茂ってるかのように
うじゃうじゃいますね。アホみたいにうるさいですw

群れの中には黄緑じゃないオレンジ色のインコの姿も。。

190110_4.jpg

ダルマインコさん いうらしいです。


さらにもう1種類オオホンセイインコってのも群れに混ざるようですが
背中側の翼の色が少し違うだけなので角度的に見えーず。


しばらくするとインコたちは移動を開始。

以前来た時はこの近くで寝てたけど今は園内の別の場所らしい。
付いて行ってみることにw


移動中は自分もチャリで100羽近いインコたちと一緒に移動。
風切り音が聞こえる低空飛行のインコたちは頭すれすれ!

190110_2.gif

良く言って”動物園のバードショー

世間一般的に見て"暴走族のリーダー"ww

エンジン吹かさなくても、なかなかの騒音w


こんな経験なかなか出来ない。花鳥園もビックリ。
冷え切っていたテンションもフルMAX!!(*ノ@∀@)ノ



インコたちは最終的なメインのねぐらに到着。

190110_3.gif

すでに推定数百羽のインコたちで辺りは騒然。

次々と合流してくるインコたち。
その数はどんどんどんどん増えていって
推測ではあるが1000羽は超えているだろう(@@;)おそるべし


このインコたちは
東京組がメインなのだろうか?(多摩川渡る群れ多いから)
神奈川組もいるよね。横浜方面も?
行動範囲的には埼玉組もいるのかもしれない。

ねぐらはここだけでなく関東のあちこちにあるみたいだ。
一番大きいのが今はここなのかな?
1000羽近いとなると元東工大の群れだろうか?




動画にまとめた(※音、超注意)

-----

2019年の初鳥見。
延長戦のおかげでお腹いっぱいになれた(^○^)

本年も沢山の生き物と逢えますように!
緑色の鳥は摂取過剰のためそれ以外でw)
by Yokoman 07:00 | Comment (2) | フィールド

猪突迷進

2019年01月08日

前回からのあらすじ

新年早々のボケにより
日が沈みそうな時間から散策をスタート。
明るく気温があるうちに鳥たちを探さないと
冬は早めに店じまいしてしまう(((;@@)急げ急げ


-----

川崎市「生田緑地」に到着。


古民家前の広場では餅の売店が出て
古民家も正月イベントをしてるようで人が多い。

というか、マジに人が多い。



寒いし、正月はてっきり
どいつもこいつも家のコタツでゴロゴロしてると踏んでいたのに
子供は数の子。メイン広場やその周辺も子供連れでぎうぎう(´_`;)

ならば、と、脇道に反れるも
犬連れ・犬連れ・トレイルランもどき・犬連れ・バーダー・犬連れ

あちこちで犬が吠えてるせいで足元の鳥は全然おらん;



これは2019年の初鳥見。オワタか?



しょーがないので、鳥以外のものを撮ってみる、

梅園ではウメが咲き初め。
だが・・・ウメも撮影の順番待ち;

190108_1.jpg

人気の無いボケで我慢するw



ロウバイは、開花まであとちょっとかな。
香りが出てこないとテンション上がらないな〜


林の中にはポツリポツリと濃いオレンジ色のカラスウリ
その隣の熟れてない実のようなものは・・・

190108_2.jpg

ウスタビガの繭ですな(>∀<* )

下から見ると水抜き穴?が見える。


木々に葉があるうちはなかなか見つからないウスタビガの繭だけど
葉が落ちる冬になると瑞々しい緑色が目立つようになる。

目立つけど・・・お触り出来ない位置はテンション上がらないw



ウスタビガの繭を最望遠で四苦八苦して撮っていると
谷間から甲高いルリビタキの声がしてきた(゚∀゚)


入口近くに大量に群れていたバーダーたちとは別の場所だ。
何処で鳴いてるんだ?(ノ ̄o ̄)
谷間を下りながら声の出どころを探す。


しかし途中でその声は途切れてしまう。


あたりは薄暗くなり、太陽は森の裏に隠れたようだ。

次第に帰り始めた人たちが増える中、
森の中の鳥たちの声は逆にどんどんと増えてきた。


よし!( `・o・)ノ 夕暮れ時の最終チャンス!









190106_4.gif



ぐうぅぅぅ〜〜〜ギうぅ〜〜〜ゥゥ。っぐぐぐ



自分の腹の音がうるさくて全然集中できーず!!(;@□@)





昼食抜きの罰が、こんなところに弊害をぉぉ




あまりにうるさいので、


午後4時。諦めてラーメン屋に向かいました



( ̄m ̄)・・・急きょ2019初鳥見延長戦へ。

まずは腹ごしらえ。
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド

新年一発目のボケ

2019年01月06日

2019年。最初のフィールド。

(゚∀゚)そやな〜。

「生田緑地」メインで多摩川の鳥見ツアー ってので行こう。


今年もお世話になる2年目のクロスバイクを磨いて、
いざ出発!!\(゚∀゚ )ノ



190106_5.jpg

今日は暖かくて風も無く、富士山もくっきし見えて
絶好のサイクリング日和〜(*^∀^)


ウキウキ





-----

と、出発した1時間後。



190106_1.gif

何故か電車に乗ってる自分。

記憶が無い。



年末といい忘れ物ばかりしてるな...;汗

※年末の忘れ物(この時はサイフ)
http://dotetuu.seesaa.net/article/463400630.html



今年のおみくじ"小吉"の内容も

旅行:細心の用意をなすべし

とあった。・・・なんてよく当たるおみくじなんだw



-----

自転車のカギを2時間かけて家まで取りに戻って
「宿河原堰」についたのはお昼をとっくに過ぎた頃だった(TT)


無駄な出費があった為、お昼ゴハン抜きで散策を開始。


「宿河原堰」には多くの水鳥たちの姿。
パっと見ただけでも15種類くらいいる。


190106_6.jpg

一番多くいるのはコガモっちたち。
次いでオカヨシガモさんかね(・v・)

砂利の中州とは別に

190106_7.jpg

ブロックの上にはマガモさんたちが多い。
何?この棲み分けw


休んでるカモとエサ探してるカモは半々くらい。
オカヨシガモさんは、ほとんどがエサ探し中。
逆にマガモさんはほとんどが寝てるw


堰の石組みにも水鳥が沢山。
少し水深がある場所ではキンクロハジロ氏やオオバンたちが潜る。
石組みの中なんてそんなにエサ無さそうだが?

190106_3.gif

滝行してる1羽のオオバンさん

滝の裏にはコケが多いことを発見した勇者
だが他のオオバンたちはマネする気は無いようだw



堰の上流側。堰き止めたダムには

190106_2.gif

12羽の愉快なヅラたち



カンムリカイツブリ
ってハジロちゃんと違って
数がなかなか揃わないから点々と12羽でも十分多く感じる。

珍しく、寝もせず潜りもせずうろうろしてた。
群れから離れてデート中のカップルも。
雑談タイムの時間なのかね?



このあとは
「宿河原堰」をあとにして夕暮れの「生田緑地」に移動ー

時間無いからチャッッチャカ行くぞい。\(@o@; )
by Yokoman 07:00 | Comment (4) | フィールド