せぷてんばー多摩川2

2017年09月15日

前回からの続き

軽快な走りを見せるNEWチャリに連れられ
早秋の多摩川を遡上中。
ここいらで生き物と戯れ休憩にする。

-----


この時期の多摩川でアホほど多くいるのが
バッタ軍団だ。

170915_1.gif

1歩進めば無数のバッタが飛び出してくる。

ほんとどがイナーゴなのだが
この機会にちょっと手当たり次第に撮ってみたw

なお、バッタは全然詳しくないから
名前は後で家帰ってから調べたぞいww


170915_2.jpg

コチラは王道のトノサマバッタ殿。
大きくて飛ぶ力も強くて、
素手で捕まえようとすると苦労するやつ。
、、、だが、数が多い分アホなヤツが大体1匹はいるので
個体によっては簡単に捕まるw

170915_3.jpg

茶色い殿は緑より地味だけど具は一緒w
開けた地面にいることが多いから
一番見つけやすい(-∀-)



170915_4.jpg

殿によく似ていてサッパリ区別のつかない
クルマバッタ氏は撮れてなかったけど
クルマバッタモドキ氏は撮れてた。

背中に「X」の模様が特徴。
おそらくどっかの組織のエージェント

隣にいるちっこいのは見習いのヒシバッタたん。
ちっこいけどこれで大人。
小回りがきくから偵察エージェント向きw



さらに草むらから開けたところには

170915_5.jpg

イボバッタさん。

よくみるとイボイボしてるからイボバッタ。そのままw

最初、河原にいるから幻のカワラバッタか?!
そもそも全然姿が違うという勉強不足
でもこの辺りの河原も探せばいるみたいだね。
いつか会ってみたい。



草むらに戻って、

170915_8.jpg

ラブラブバッタ

なんか修羅場だな。見なかったことにしておこう、、、


オンブバッタさんは、小さくて色が緑1色なのもあって
数がすこぶる多いはずなのに探すと全然見つからないバッタ。
だけど家の庭では毎年無数に見かけるから個人的には見飽きてる



飛んでいくショウリョウバッタ師匠を見送りつつの
まさかの

170915_7.jpg

ショウリョウバッタモドキちゃん(-v-*♪

見たことが無かったので1度お会いしたかったのだよねー
実際見てみると、そんなにショウリョウ師匠に似てないな。

「モドキ」で逃げるパターンの名前は可哀想!

ショウリョウバッタにイナゴを掛けて2で割った感。
クビキリギリス並みののっぺり感はどうしたらよいものか。
ササキリ感もあるな〜


他のバッタのパーツの寄せ集め というのが結論w




今回いろいろなバッタに合えてよかった(^^)
バッタだけの散策旅も良いかもしんない。


次回はバッタ以外の生き物たちが続々登場。
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | フィールド

せぷてんばー多摩川1

2017年09月13日

今回は多摩川をズズズーーーーーイと散策。
新しいチャリの本領発揮である( ̄∀ ̄)o
(といっても平均時速15k以上は出しませぬ。)



ひと漕ぎひと漕ぎが軽くなったので
サクサクっと「二子玉川」付近を通過。

まずは夏の生き物の何に遭遇するかな?と
期待しておったのに


170913_1.gif

ジャコウたんの轢死体まみれという
悲惨な状態からの出だしとなった。おぅぅ・・・(TT)

助けられるものは助けたけど
この繁殖地では終齢幼虫が徘徊の時期なようで
草刈り前だというのにどうして余裕を持てないかなー(;=_=)
焦らず騒がず手短なところでサナギになってもらいたい。




「二子玉川」を過ぎると、野の草花が増えて来て
恒例となった、
ノギクワレモコウツリガネニンジン3種野草盛りが見られた。

170913_2.gif

これら秋の訪れを告げる草花は、
多摩川のどこにでもあるというわけでなく
限られたポイントでしか咲いてないね。

推測するにー
川岸に近い河川敷の草花は、
増水の影響で?広範囲に分散しやすいのに対して
土手の草花は水の影響を受けず
風まかせのみなのが理由なのかもしれない。

170913_4.jpg

ツルボは下流でもたま〜に見られる。




草花の写真を30分ほど撮っていると
BGMで流れてくるのはキリギリス先輩の声。

ギギギギギギギー


でっかい音だからなかなかやかましいのだが
不思議と風情があるので大目にみてやる(上からw


そいえばここまで来る間、キリギリス先輩は
道路まで下りて来ていたな。
ほかの日向ぼっこをするバッタと違い
草むらから動かないはずのキリギリス先輩が
道路に出てくる理由はただひとつ!


170913_3.gif

産卵場所を間違えてるからだ!



土はこっち!」と教えてあげて
ようやく引き下がるキリギリス先輩。
産気付くとなんでバッタってあんなに慌てるんだ?(汗;




さらに進むと、以前来たときは工事をしていた湧水の川跡

※前回の状況(2017年1月)
http://dotetuu.seesaa.net/article/445925197.html


170913_5.jpg

工事のフェンスは無くなり、更地は草で覆われとる。

柳の木などの大きな木は1本も無くなったけど
湧水は少し違う場所に以前ように流れ出したようだ。
(残念ながら藪が深くて近付けない)

170913_6.jpg

あちこちに水が沸く場所だから(多摩川の伏流水)
ホイホイと埋めるのは難しいだろう。
以前見た工事の予定図では、
川より1段高い場所に水路を作るようであったが
これで完成なのかな?




現在15キロ地点。まだまだ登るぞい\(゚∀゚ )ノ
by Yokoman 22:44 | Comment (0) | フィールド

今から冬の心配

2017年09月11日

まだ夏なんだけどさ、
早くも冬の心配事があって・・・


170910_1.gif

クリスマスリースに使う
アオツヅラフジの実が無いのだよね;




アオツヅラフジというのは
細い蔓に小粒のブドウのような濃い青い実のなる植物。
これをリースに使うと
赤色でまとめたリースよりクールでカッコイイw(自己満


毎年秋になると実を採りに行っていた場所が
工事でキレイに無くなってしまったのだよ。

170910_4.jpg

まったく植物が無いわけじゃないけど
大人の事情モロモロによって
お子様の事情は阻止されてしまったわけです;



このままではリースに飾れる実は
ヘクソカズラだけになってしまう!!

そんな臭いクリスマスを迎えるのは嫌だ!!




で、先日のこと。


家の近くの幹線道路沿いをチャリっていたら
ふと、街路樹の茂みに見慣れない草を見つけた。

ヘクソカズラ?

じゃないな。ヘクソは隣に生えてるけど別の葉だ。
ツルが伸びてわさわさ茂る葉。
小さな白い花が咲いている。

170910_2.gif

サルトリイバラ?

ガガイモ?



ま(・∀・)
なんてことない植物だろう。


と、この時はスルーしたんだけど



あとあと家で考えてみるに、


アオツヅラフジやーん(゚д゚;)



と、気付いたと同時にガッツポーズをしたww




170910_3.jpg

これで今年のクリスマスも安泰w
by Yokoman 07:00 | Comment (0) | しょくぶつ